スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【瓠洲独言】東日本大震災より二年

311


大切な人を亡くされた方。
その方の分も二年生きて下さったこと、亡き方に代わって深く感謝申し上げます。
生きて下さって有難うございます。

theme : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
genre : その他

tag : 東日本大震災

【瓠洲独言】平成25年 誕生日を迎えて

今日は自分の誕生日です。
ここまで命をつないでくれた自然や神仏に感謝を捧げる為、ここ数年、この日は 神社で神恩感謝のご祈祷をあげてもらいます。
美しい景色を見せて頂けたり、大難が小難で済んで大事に至らなかった事や命拾いした事など、実感として味わわせて頂いております。

そして、御縁あって繋がり心身共に支えて頂いている皆様に深い感謝の気持ちを込めて、神道の形式を借りてご祈祷させて下さい。
いつも本当に有難うございます。
今日も元気に生きていられるのは、皆様や自然のお陰です。

自分が生まれたのはご先祖様と両親のお陰。
今日まで生きてこれたのは自然とその恵みの犠牲のお陰。
今日まで人生を乗り切ってこれたのは周りの皆さんのお陰。
そう思えば、三十数年生きてこれた今日は、感謝に身を捧げる日。

続き(解説)を読む...

theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

靖献(せいけん) 安岡正篤 照心語録より

靖献”は我々の人格生活上に実に適切な一語だ。
靖とは省みて良心の安らぎを覚えることで、献はそれに基づいて自ら感激する対象に自己を捧げることである。
自分が自分らしく靖献することができれば、その生涯は意義を発揮することができる。

真の生甲斐は、真に自己を献ずるところに発見される。
古来偉大な人、血誠の人というものは必ず自ら献じ、自ら靖んじたもので、打算や理屈などの遠く及ばない境地だ。


照心語録

続き(解説)を読む...

theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

tag : 安岡正篤 靖献

もう一人の自分 松原泰道

 私達の心中は、欲望と感情のままに揺れ動く日常的自我と、それに呼びかける本質的自己との二人が住んでいる「同行二人」です。ところが、大切な本質的な自己を見失い、日常的な自我だけはほんとうの自分だと思いこんでしまっているのです。なお悪いことに、それに固執して、つまり執着して「自我中毒」にかかっているため、本質の自己の尊さに気づくことなど思いもよりません。

 まして、他の尊さがわかるはずもなく、真の自由など得られるわけないのです。ペアの片方である本質的自己を心の奥深くに埋没させて、「孤独」の一人旅をしているのが現実です。病むはずもない知恵が病んでいるような状態に置かれているのです。

 自我がみにくく、忌むべき暴力を持っていることに、我ながら情けない思いは誰にもありますが、この自我にたえず呼びかけてくれる、自分の中のもう一人の自分、本質(本来といってもいい)的な自分  本当の自分にめざめてこそ、つまり知恵を開発してこそ、「二人の私」の対話が可能になります。この対話が、数多く交わされる人の人生の旅はしあわせであり、この人こそ自分の中に宿る人間の尊厳性にめざめた知恵の人でもあります。


般若心経入門―276文字が語る人生の知恵 (祥伝社黄金文庫)

続き(解説)を読む...

theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

tag : 仏教 般若心経 知恵

送る年 迎える年

皆様、今年一年、当ブログを御覧下さりまして誠にありがとうございました。
更新ペースが著しく停滞しておりますが、勉強時間としてお許しいただければ…と。

ここ数カ月、「書籍」からの学びから「自然と内面」から直接学ぶスタイルへ変えました。
それがどのように活きてくるかはまだまだ解りません。
それをこの場を通じて、言葉に表れるような形で発信できるまでに体得できれば…と思っています。

「時とは陽炎の様 楽しい時も 悲しい時も 過ぎてしまえば掴む事はできない
でもこうして確かに今も流れているのが時 暮れも新年もその一部 だから、今を生きよう」

それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。
一年間、有難うございました。

瓠洲

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。