スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「色欲」 佐藤一斎 言志四録より

 学問に志す者は、学徳が年齢と共に長じていき、学業が毎年広がっていかねばならない。
四十歳を過ぎると、人は血気が段々と衰えていくから、特に寝室でのことは、これを慎むのがよい。
これを慎まなければ、精神がぼうっとし、気力が衰えて、学・徳も遠大に致すことはできない。
寝室でのことは、若い時だけでなく、四十以降の人も慎むべきである。

 若くて元気盛んな人が、精 精力 を極端に抑制して少しも外に発散しないのも良くないことである。
精神が滞ってしまって順調にのびのびとしない。度を超したならば体に害することになる。
それで、節度を得るということは難しいことである。暴飲暴食して度を過ごしたのは、
誰でも正し戒めることが出来るが、、性欲の度を過ごしたのは、人の存知しないところであり、
なお口に出しては言いにくいことである。自分で規制していかなければ、だれがこれを規制することができよう。


言志四録―座右版
 老いた後は、自然に体が危険信号をあげるので自制が利くが、若い内は難しい・・・
韓国の人から言われたが、日本人は精力を使いすぎている節が見えるので心配だと言われた。
日本人の外国からのイメージは、性に関する規制がゆるく、性を楽しむ民族に映るのかもしれない。

 若いうちの精力は本当に調節が難しい。佐藤先生もよくお分かりのようである。
暴飲暴食は自分でも戒めることが出来るのだが、性欲は其れが出来ないので調節が難しいという見方は見事だ。

 しかし、現代に於いてもっと憂慮すべきは、性文化の低年齢化である。
しかも、節操が無く、裏金が動くような邪な物だ。
同年代同士が、お互いに衝動を抑えきれずに到る性行為であれば、特に年齢は関係ないと私は思っている。

 しかし、功利的な性交渉が、年齢関係なく横行する様になると、世が乱れる。
国の末期的症状である。ここは取り締まっていかないと、若年からは年長者を敬う気風が失せ、
年長者は己の欲望を満たそうと、自分の家族や職責を忘れる。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 言志四録 佐藤一斎 色欲 功利的性交渉 低年齢化

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。