スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人を容れる心」 佐藤一斎 言志四録より

 人を寛大に受け容れる雅量(広く大らかな度量)のあるのは、立派な美徳といえる。
しかし人を受け容れるにしても、善と悪、明と暗があって、善  を受け容れるのは良いが、悪  を受け容れるのは良くない。
 他人の言は、ぜひ聞き入れてから、そのよしあしを選択すべきである。最初から断るようなことがあってはいけない。また、その人の言に惑うようなことがあってはいけない。
 人を受け容れる度量の大きい人であってこそ、はじめて人の欠点を責め咎める資格がある。責められる人も、度量のある人から責められれば、その責めをよく受け容れる。これに反して、人を受け容れる度量のない人は、人の短所・欠点を責め咎める資格はない。責められる方としても、度量のない人の言葉は受け容れない。


言志四録―座右版
 「人を受け容れる心」を養うには、自らの短所を見つめて、
其の短所ごと自分を認めるのが第一歩だと私は考えている。
そして、完全を求めないことを、自分にも他人にも心の内で誓う。

 現実に起こる問題を、誰の所為(せい)か探るのではなく、解決策を探ることのみに専念し、
それを繰り返さぬようにするために、衆知を集めて考え、将来への知恵とする。

 今後起こりうるであろう問題を、予期するための想像力を広め、誰に因り起こされるかを探るのではなく、予めその元を断つか、起きた後に如何にすべきか衆知を集め考え、備えをする。

 こうしていけば、佐藤一斎先生の言う、人を受け容れる雅量の成長に役立つと思う。
後は、私が述べるまでもなく、佐藤一斎先生の仰有るように行えば、
自分も他者も気楽に付き合っていくことが出来ると思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 佐藤一斎 言志四録 人を受け容れる

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。