スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実の鬼神の怖さ

実の鬼神と云う者は、道理を知りて曲がらねばこそ怖ろしけれ。

~まことの鬼は、物事の筋道をよく知り、曲がった非道の事をしないからこそ恐ろしいのである~


日本名言名句の辞典

人が何かに対して祈りを捧げる時、その叶い方が己にとって苦しみをもたらす場合がある。
そんな時、この言葉の様な状況なのではないだろうか。

自分という尺度を超えたところで、道理に従った形で願望が叶ったと。
天地万物の理に従い公平な結論が、祈りの成就となると。
だからこそ、願望が私欲のためであるほどに、「正しい叶い方」をするのが恐ろしいのかもしれない。

地獄の番人と言われる閻魔大王様。裏を返せば極楽の番人。
恐れる人にとっては恐ろしいし、恐れる必要のない人にとってはそうではない。
「人生万事塞翁が馬」の逸話のように、人智を超えた運命の歯車というものがあるのかもしれない。

今の苦難は先の禍福に影響する可能性がある。
今が幸せであっても、その幸せの永続は保証されない。
その崩れた時の苦しみが、今の幸福の崩壊よりも深いかもしれない。
この考え方自体も鬼神からすれば「自己中心」と判断されるだろう。

でも「物事の筋道をよく知り、曲がった非道の事をしない存在」というのは有難い。
警察や司法の世界の人全てがこうであれば…。
多くがそうなのかもしれないが、一部の非道の為に多くの信頼を失ってしまう事が多い。

世事は知り尽くすのできない程に広範なもの。
その一端でも学ぼうとする姿勢は、自身の中に鬼神を育てる第一歩なのかもしれない。
ただ、己の中にある悪の存在も見つめながらでなくては片手落ちだ。
鬼神と信じて育てた自己が、盲目の狂神とならない為には…。

theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

tag : 鬼神 道理 筋道

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。