スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【瓠洲独言】子供の目

「孫が、ここに私が入所してから、将来の夢は介護士と話すようになったの」
こう、その利用者さんは目を輝かせて言ってくれた。

その利用者さんは自分にコンプレックスを持っていて、
入所した頃は伏し目がちでコミュニケーションも苦手そうであった。
新しい環境、新しい人間関係に怯えておられたのかもしれない。
早い時期に席配置の変更と、周囲の利用者さんにその方の性格を伝えてフォローして頂けるようにお願いした。
周囲の利用者さんの心配りもあり、数日後にはご家族が驚くほど笑顔を見せてくれるようになり、
その聡明さと人間愛を垣間見せてくれるようになった。

「本来の輝きを取り戻せたんだ」と思った。

その方のお孫さんは小学生の女の子。
お父さんに連れられて面会に来て、ずっと利用者さんのそばを離れようとしなかった。

昼食の時間になり、利用者さんが食事をされている時の近くに座っていた。
食事は持ってきていなかった様子で、上司とお父さんの話し合いが伸びている間待っている感じだった。
利用者さんから「あの子に私の食事を半分あげたい」と言われた。
だが、それでは利用者さんが空腹になってしまうので、
私と同僚の一人がその子を自分たちの食事をするテーブルへ招いて、
弁当から取り分けて一緒に食べることにしたのだ。

その子は本当に嬉しかったらしく、いつもその話を親や利用者さんに話し、
施設への面会に来るのもとても楽しみにしているのだそうだ。

「子供はよく見ている」と思った。
お弁当を分けてもらった事は嬉しいが、それが介護士になる動機にまではならないだろう。
おばあちゃんである利用者さんの変化を観察していて、その感動を私達同様に感じ取ったのだと思うのだ。

利用者さんがこの話をしてくださって、すぐにお弁当を一緒に分けた同僚にそれを伝えて利用者さんとお話するように勧めた。
私も嬉しさで涙ぐんでいたが、同僚は立ったまま「冥利につきる」と涙をボロボロとこぼし始めた。
表情を取り戻して利用者さんのところへ話しかけにいったが、「この温かい人間味が、一人の子供に夢をもたせたのだな」と背中を見送った。

本当にその子が介護士になるかは、今は分からない。
だが、こうした人間の変化や温かみを感じ取ることができるなら、
寄り添える、共感できる、素晴らしい資質を持っていると私は保証する。

何の道に進んでも、この資質は善く活きるはずだ。
私達も「その人の幸せのためには」という問いをいつでも持てるように精進したいと思いを深めるのであった。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。