スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物それぞれに誠を完備させる 中庸より

その次には、個々の物に(誠)をきわめさせて、物それぞれに誠を完備させるのである。
物に誠が備われば、(その物として)外に形を表ます。形を表わせば、(その物としての本質が)充実する。
充実すれば、(その物としての特色を)明らかにする。
(特色を)明らかにすれば、(積極的に他の物に)はたらきかける。
はたらきかければ、どんな物事に対してもその処理を誤らない。
どんな物ごとに対してもその処理を誤らなければ、(他の物)を感化させて誠を備えさせる。

(このようにして、)ただこの世で最もすぐれた至誠の人となったものだけが、(他の物)を感化させて誠を備えさせる。
(また)至誠の行いは、事の起こるに先だって、その事のなりゆきを予め知ることができる。

国家が盛大になろうとする先には必ず福のきざしがあり、国家が衰亡しようとする先には、必ず禍の前ぶれがある。
(またそれらは)卜筮にあらわれたり、(在位者の)行いざまにあらわれたりする。
(そこで、至誠の人は)禍福至る先に、(そのきざし、前ぶればかりでなく、その原因となる)善事も必ず知り、不善の事も必ず知って(戒めるのである)。

されば、至誠(の明智)は神のようである、ということである。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

至誠の人は物に誠をきわめさせる働きかけをする。
誠を言い換えると、「その人らしさ」「その人の輝いている部分」とも言える気がする。

至誠の人から伝播して、自分の特色を明らかにさせてもらう。
自分自身が至誠で人の特色を明らかにすることもできる。
これは、心の進歩の具合や相性によってどちらにも成り得ることだ。

(そこで、至誠の人は)禍福至る先に、
(そのきざし、前ぶればかりでなく、その原因となる)善事も必ず知り、
不善の事も必ず知って(戒めるのである)


事物の推移を見通す能力が備わったのが至誠の人。
ここまで到達できなくとも、歴史や人間を学ぶことで、短期間のことについては見通せたりできるようになると思う。

世の全ての人が至誠に到達できなくとも、自分の手の届く範囲で誠の力を発揮して、自身や周囲を導くことはできる。
最初から天の彼方を目指す志は立派であるが、手の届く範囲から徐々に進めることも、十分に素晴らしいと思う。

自分の力を「正しく」発揮するすべを究め、他者の長所・短所を「正しく」発揮させるお手伝いをする。
こういう人は、非常に有益な人だと思う。
特に、指導者、教員の様な人々にはこの力が大切。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 中庸 至誠

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。