スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強 中庸より

(孔子が顔淵の力行を賛嘆されるのを聞いて、平生勇気を自負している)子路は「(それならば、)強いということはどういうことですか」と問いかけた。
孔子はまず、「お前の問うているのは、南方の強のことなのか、北方の強のことなのか、それともまたお前の考えている強のことなのか。

さて、普通の人にはひろい心やりのおだやかな態度で教えみちびくようにし、道にはずれた行いで立ち向かってくるものには、節度を守って報復することはしない。
これが南方の強というものである。
君子はこの強によって行う。

これに対して、戦闘を自分の任務とし、一身の死をも辞さないというのが、北方の強である。
おまえの考えている強者がこれによって行うのである。
(といって、子路の血気を抑え、つぎに)(それだから君子の強によって、)君子は心ひろくおだやかでよく人々と和合するのであって、自分の守りを失って人々の意見に押し流されることがない。
この強さこそまことの強さであるぞ。

(つまり)、中央にすっくと立って傾かないように、(自分から毅然として中庸を守っている)、この強さこそまことの強さであるぞ。
されば、国に道が行われて、(人々が富み栄えている時も、自分の利益や名誉にあこがれて、)平生の深く期する思いをかえるというようなことはしない。
この強さこそまことの強さであるぞ。また国に道が行われず、(貧乏や苦難やに一身がせめさいなまれる時でも、浅はかな心をおこさず、平生の深く期する思いを)死ぬ時まで守りぬいてかえない。この強さこそまことの強さであるぞ」といって、さとされた。

(そして、さらにことばを続けて、)孔子は、「(世上の知者のようにさかしらだって)なみなみの人には知れない道理をさぐり出したり、(世上の賢者のように)人には行いがたい甚だ風変わりなことをしたりするのは、後の世になっても、それをほめそやして、ひきつぐかも知れないが、わたくしはそんなことをしない。

君子というものは常に道を守って行動するのである。
(たとい、力が足らず、)途中でたおれようとも、わたくしは道を守ってやめることができない。
君子というものは常に中庸をよりどころにするのである。
(中庸をよりどころにしながら、)たとい世間から身をかくして、人々に知られないということがあっても、人をとがめず運命をうらまずに、(中庸を全うして)いるのは、ただ聖者だけが行うことができる。
(わたくしもその聖者を学ぼうとしているのである」と、その毅然として不動の志を明らかにされたのである)。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

「君子は心ひろくおだやかでよく人々と和合するのであって、自分の守りを失って人々の意見に押し流されることがない。」
「中央にすっくと立って傾かないように、(自分から毅然として中庸を守っている)」
「(人々が富み栄えている時も、自分の利益や名誉にあこがれて、)平生の深く期する思いをかえるというようなことはしない。」
「(貧乏や苦難やに一身がせめさいなまれる時でも、浅はかな心をおこさず、平生の深く期する思いを)死ぬ時まで守りぬいてかえない。」

中庸の美学である。

他者に対する時に、相手を受け入れる穏やかな気持ちで接し、和やかに関係を築き、かといって相手に染まらない。
自分の偏り、相手の偏りを客観的に把握して、毅然として中庸の立位置を守る。
自分の家に油が無く、囲炉裏の明かりしかないからといって、景気の良い商家の表にある行燈に集まるような、
己に力が無いにも関わらず金にものを言わせて権力を得ようとするような、
利益や名誉に眼がくらんで、冷静な自分と節操を曲げるような過ちを犯さない。
「誰々を陥れれば、お前の命を助けてやる、大金をくれてやる」と悪党にそそのかされても、
自分の行いで先祖・子孫の名を汚すような浅はかな事はせず、清らかに死ねる。

中庸を守る事は、「どっちつがず」ではなく、「中庸に居る」わけであり、命がけな事で簡単ではない。

「(中庸をよりどころにしながら、)たとい世間から身をかくして、人々に知られないということがあっても、人をとがめず運命をうらまずに、(中庸を全うして)いるのは、ただ聖者だけが行うことができる。」

人々に知られる事の利点はあるが、それが名誉を得るためのそれであっては本末転倒。
知られて名誉を得る事があっても、それが正しい名誉なのか虚名なのか見極め、不要であればその場を去る。
むしろ、知られずに中庸を全うできる人生こそが、道にかなった生き方なのだろう。
そうした生き方を「幸せ」と受け入れず、自らを虚名で固めて世に売り込んでいく生き方も無くはないが、それは君子の道ではないのだろう。

竹中半兵衛が君子であれば、豊臣秀吉は小人。(豊臣秀吉は実力も伴っている)
別に、どちらが正しいと言うつもりはない。
これは、個人毎の好きか嫌いかに委ねられることだ。

君子として生きる生き方で大事を為す人もいれば、小人として大成する人も居る。
どちらを目指すかは自由だし、志が正しければ、他人が非難すべきではない。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 中庸 孔子 子路 人間学

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。