スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織に加入すること 安岡正篤 師友信條(七)より

多くの人々は、何らかの組織や集団に軽々しく加入して、
その心理的雑踏の中に自己の空虚と孤独とをまぎらし、
段々自己を失ってゆくが、我々は逆に自己の精神的自由と向上とを求めて
同志に由る霊活な団体と組織を発展させる。


安岡正篤 人生信條

最近これが実感して分かる。
昨日もある方と、「自然に考え方や進む方向が近い人間が集まって作られる人間関係」と、
「ある目的の下に、利害関係者が寄せ集める集団」の違いについて話していた。
小さな町での話題だったのに、大きくしていけば全国的な組織にも言える事だ。

無理をせずに感性の近い人間と自然に繋がりを持ち、
そこから広がっていく人間集団においては、空虚と孤独は存在しないと思う。
いや、そういう集まりには自己内面充実の努力をし、
空虚と孤独を克服している人間が集まるからだろう。

「自己の精神的自由と向上とを求める同志」

これは、貪欲に人間関係を広げようとしたり、損得勘定の元には作る事は出来ない。
私にとっての同志達との出会いの感想は、「自然にもたらされるもの」だ。
学んできたことは別だったり、年齢や性別もまるで違うのに、根底で「同じ」を感じる。
そして、同志の言は信じられる。行動に期待できる。我が事の様に。

その集団に「集合とか解散」は存在しない。
それぞれが己の為すべき事を、それぞれの立場で為し向上を図っているから、「個であり、多でもある」のだ。

この繋がりは、出来てみなければ実感できないが、
自分がそれを感じたのは、人間学に打ち込みだしてからだと思う。
一所懸命に取り組むものができて、初めて見えてきたり、繋がってきた。

近道は、自分の本分を活かせるものを見いだし、磨き続けることだと思う。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 安岡正篤 集団

comment

Secret

No title

孤独になるのが嫌だから、集団に入れてもらおうとする人って多くいますよね。ためになります。

Re: No title

こんにちは。^^
コメント有り難うございます。

> 孤独になるのが嫌だから、集団に入れてもらおうとする人って多くいますよね。ためになります。

学校や会社といった狭い世界ではよく起こる現象なのですが、
集団加入が「自分を活かせて周囲を苦しめない環境」に繋がれば良いと思うのですが、
孤立する恐怖で集団に属すのは、動物が群れを成して外敵から身を守るのと同じレベルです。

独立自尊の精神を踏まえた無理のない集団は加入に制限もありますが、何かあっても逃げ出すような人が少なく、本当の意味で頼れる組織だと思います。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

その調子です。^^

自分のペースで。
自分のご縁を広げていってください。

私も、今月中に新たなご縁の広がりを得んが為、都内へ出向くつもりです。
お互いに精進しましょう。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。