スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君子の交わり 荘子より

君子の交わりは淡きこと水の如く、小人の交わりは甘きこと醴(あまざけ)の如し。
君子は淡くして以て親しみ、小人は甘くして以て絶つ。

君子の交際は自分の心に無理なく水のように淡々として自然であるから、
いつまでも変わらずますます深まるもの。
ところが、小人の付き合い方は
水に比べると甘酒のように甘くべたべたとしたものだから、
甘酒が長くおくと腐るように無理がこうじてダメになってしまいやすいというものである。


世界の名言名文句事典

いつも傍らにいてくれる親友を持つ事は素晴らしいことである。
そういう付き合い方もあっても良い。

ただ、相手に過度の負担をかけたり、こちらに同様となる付き合いは、辛さや苦しみを感じる事が有る。
また、「いつでも一緒に居てくれる」と相手に依存する心が生まれてくると、
独立独歩の精神を邪魔する恐れもある。

相手を信頼している・大切にするからこそ、関係に無理の無いように程良い距離と接し方を保ち、
長きに渡って友情を継続し、お互いの人生を見届けていける関係を築くこともできるのではないだろうか。

「相手に裏切られるかもしれないから」
「自分以外の人と仲良くしているんじゃないだろうか」
「相手にとって自分は必要な存在なんだ」
こうした思い上がりや、勝手な思い込みからくる不安によって、
甘酒のような関係に陥る友情は、あまり心地よい物では無いと思う。

私は以前この節を読んでから、上のような思い込みを捨てるように努力している。
淡い付き合い方でも、繋がりを継続することは可能だとも解ってきた。
それは相手を選ぶかもしれないが…。

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 淡い付き合い 人間関係 友情 友人

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。