スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩と怨み 勝小吉 夢酔独言より

世の中は恩を怨で返すが世間人のならいだが、
おまへは是から怨を恩で返して見ろ。
(乱暴者の小吉に対する「或老人」のいましめ)


日本名言名句の辞典

恩と怨。
この二文字の読みは同じ「オン」である。
しかし、真逆の意味を表す漢字だ。

恩を恩で、怨を怨で返すのは普通。
恩を怨で返すのは非礼。
怨を恩で返せれば器量人。

この老人は、あの暴れん坊小吉に良い事を教えてあげたと思う。
小吉は正直な男だから子孫が見るであろう書籍に、
恐らくは勉強になったからという理由で書いている。
こういう真っ直ぐで純粋な男だからこそ、この老人もお節介を焼いたのかもしれない。

この逆転の発想をできれば、怨を持った相手もたじろぐ。
この老人は、無名の老人でありながら、ガンジー、キリストに及ぶ境地を持っている。

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 勝小吉 夢酔独言 生き方

comment

Secret

No title

むつかしい・・・本当にむつかしいと感じる自分の小心に恥入ります。
ここ数実ずっとどうすればそうできるのか考えています。
むつかしい。

Re: No title

佐佐木先生

コメント有り難うございます。^^

相手に怨をぶつけると、自分が味わったような嫌な気分を相手にもさせてしまいますから、
「負の連鎖を自分で止めているのだ」と、自分を納得させるとか…

関わる人間が多い程、その数も増えてくるので、
時には「恩も怨も等価値。中庸からすれば過ぎたる事。
その結果、良い事ばかりではないだろう。」と、諦めの境地に立って水に流すとか…

相手の怨の情念を受け流すという事なので、大変だとは思うんですけどね。^^;
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。