スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の道が行われている国 そうでない国 論語より 孔子(加地伸行 編)

老先生の教え。
堅く人の道を信じ、学問を好み、たとい死に至ろうと節操を守って人の道を貫き、
乱れようとしてるには入らず、乱れているは去る。
世の中が人の道を履んでいるならば、そこで働き、人の道に外れているならば退いて暮らす。
(そういう生き方をせよ。つまり)人の道が行われているとき、
(退いて暮らしていて)貧賤であるのは恥である。
(逆に)人の道が行われていない危邦・乱邦であるとき、
(無道に乗じて)富貴であるのは恥である。


論語 (講談社学術文庫)

「堅く人の道を信じ、学問を好み、たとい死に至ろうと節操を守って人の道を貫き」
これを基本に据えた上で、危ういには近づかず、仮に身を置いても、
貧賤に負けず人の道に合う生き方を貫いて、人の道が行われるへ逃れる。

孔子の時代でも、が乱れた場合に個人の力ではどうにもできなかったのだろう。
弱い個人では逃れるほかなかったのだ。

ただ、現代ではを移ることは簡単にはできない。個人はに縛られている。
の方針を認めないと「この国が嫌なら出て行け」と言われるのだろうが、
国内に籍がある以上は何かと縛りがあるし、難民となれば、余計に住む場所が制限されるのだ。

ここは投げやりにならず、
「堅く人の道を信じ、学問を好み、たとい死に至ろうと節操を守って人の道を貫き」
この尊い精神を守りながら、時間を掛けて国を整えていく事が、
国に残りながら侍魂で難局を乗り切る事になるのではないだろうか。

「もう先がない」なんていう事は無い。
季節が巡り、天候が変化し、大陸がゆっくり移動しているように、変化しない物は無い。
明るくなれば暗くなり、暗くなれば明るくなる。
その変化をどのように捉え、それを適応(順応)させていくかが、
安寧な時・乱れた時、両方に必要なのではないだろうか。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 論語 孔子 人の道

comment

Secret

No title

こんばんわ 儒侠の瓠洲(カクシュウ) さん。

お尋ねします。
今朝 早朝(AM4時以降)に お伺いしましたが
訪問履歴は ありましたでしょうか

あし@を退会して初日のため 不安があります。

こんばんは、流木作品さん

ブログにてあし@について拝見しました。
あし@はログが残らず、FC2の履歴はございました。^^

ご心配は無いと思われますよ!

はじめまして

kakusyuu様  はじめまして。 ブログにご訪問いただきありがとうございます。 先人たちの金言は世の中や物事の本質を語っていて、大変に感慨深いものがあります。 記事を拝読し大いに感銘をいたしました。
 まことに勝手ながら、これからも度々お邪魔して記事を拝見したく存じます。

DE・波瑠間 様

ご覧頂きまして誠に有り難うございます。^^

小説とイラストをお書きになられていらっしゃるんですね。
小説はまだ読めておりませんが、素晴らしいイラストですね。
どのキャラクタも独創的で魅力的です。

先人達の本質に近づけていれば嬉しいのですが、
励ましのお言葉を頂戴して、さらに精進して参ります。
調子に乗って更新をしてみようかと思います。(笑)

コメント、本当に有り難うございます。
こちらからもお邪魔させて頂きたいと思います。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。