スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士を以てすべし 吉田松陰 吉田松陰一日一言より

私は学者でありたい。
ここでの学というものは、本を読み、詩を詠むという意味ではない。
自分の職分を尽くし、世間に有益なものを提供するだけである。
また、武士でありたい。
ここでの武というものは、荒々しいという意味ではない。
主人に仕える時、生きるということを考えないことである。


吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録

学者、武士。

その捉え方は人それぞれである。
吉田松陰という人物は、行動の起点にこれを定め、
誠実に己を尽くしてきた。

時にそれは過激であり、潔癖すぎるとも思われる。
しかし、自分の定める「当たり前」を高い場所に定めている人間の
行動力と世の中を動かしてしまう力を歴史的に証明している。

自分に嘘をつけない人だったことが、
その生き様から汲み取れる。

自分の中に、自分との約束を持っている人間は強い。
ただ、その生き方は行き過ぎると、ガチガチの岩のような生き様になってしまう。
程よいバランスを東洋的虚無感でとる事で、
万人に理解されやすい価値観となるだろう。

自分と約束をするのはいいが、
自分を疑わなくなるのは大変危険なことになる。

理想はあらゆる価値観を自分の中で解釈して
取り込んでしまう「水の境地」だと私は思う。
水は先日の津波のような破壊力を生むともあれば、
清流で山葵を育むような慈しみの心も持っている。
関連記事

theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

tag : 吉田松陰 生き方 人間学

comment

Secret

水の境地

どうも、言蔵です。

「自分の中に、自分との約束を持っている人間は強い。」

これは、その通りですね。
時代を切り開いてきた偉人、著名人、などの人々は
この約束を必ず持っていました。

ですが、
「約束」とは、時に凝り固まった偏った観念であったり、
盲目のプライドであったりしますよね。

そこで、「水の境地」・・・
素晴らしい例えですねー(^^)

まさしく津波にも、湧水にも、雨にもなるこの水。
私たちの心にも例えられるかもしれませんね。

柔軟で清らかで力強いこの「水」は、
蒸気なれば、目に見えなくなり、
四角い容器に入れば、四角くなる。

この柔軟さは、生き方に通じるものがありますよね。

でも、頑固に氷になって、
形を変えない人も素敵かもしれませんね(^^)

PS:
このところ、仕事が非常に忙しくなり、
更新やコメントなどが滞っていました(^^;
瓠洲さん、申し訳ない。
明日も、私が書いた脚本で、
母の日の施設のイベントで劇をやります。
職員の劇でオリジナル「水戸黄門」です(笑)
がんばってきます。
バリバリ休日出勤です(ToT)
でも、やりがいがあります。

それでは!

ご返信遅れまして・・・

こんばんは、言蔵さん。^^

> ですが、
> 「約束」とは、時に凝り固まった偏った観念であったり、
> 盲目のプライドであったりしますよね。

こうなると厄介なので、自分も気をつけるようにしているのですが
できていないのかもしれません。凝り固まった観念とか(笑)

> 柔軟で清らかで力強いこの「水」は、
> 蒸気なれば、目に見えなくなり、
> 四角い容器に入れば、四角くなる。
>
> この柔軟さは、生き方に通じるものがありますよね。

言蔵さん!そのとおりです!!
孫子が言いたかったのもその事なのです。
無形の強さこそ、水の境地。
兵法を人間学へ応用したかったのです。^^

> でも、頑固に氷になって、
> 形を変えない人も素敵かもしれませんね(^^)

確かに「信念」は素晴らしい。
他者へ犠牲を強いない信念であれば、
それは個性とみることができます。
大きな事業を成し遂げる元になるパワーになりますしね。
恩恵も大きいです。

> PS:
> このところ、仕事が非常に忙しくなり、
> 更新やコメントなどが滞っていました(^^;
> 瓠洲さん、申し訳ない。

お互いに多忙のようですね。^^;
いや、こちらこそお伺いはするのですが、
読ませていただくだけになってしまっております。
申し訳ございません。

> 明日も、私が書いた脚本で、
> 母の日の施設のイベントで劇をやります。
> 職員の劇でオリジナル「水戸黄門」です(笑)

面白そうですね!
言蔵さんの役は光圀公を期待します。^^
精神的に高尚な方ですから、言葉もしっくりハマると思うのですが。

> バリバリ休日出勤です(ToT)
> でも、やりがいがあります。

実践の人・言蔵さんの本領を拝見した気がします。
私も見習って、少しは世の中のお役に立たなくては・・・

コメント、有難うございます!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。