スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富の力 石橋忍月 日本名言辞典より

都門の貴族・紳商なる者を見るに、
富の徳を以て善美の事業に投資することを知らず、
専ら富の力を以て罪悪を犯すの具となすを知る。

――東都在住の貴族や紳商の素行を観察すると、
富の徳をもって立派なことに投資することを知らず、
ひたすら、富の力にものをいわせて、罪悪を犯すことに専念しているようだ。
たとえば、金銭をもって劣情劣欲を漏らし、
純潔なる処女を汚し、薄命に陥らしめている――

日本名言辞典より


自由になったお金で何をしようと構わないという道理は通らない。
せめて、人様の迷惑とならない使い方をしないと、
回りまわって自分に帰って来る。
とか、商家のご隠居がおっしゃりそうだ。

お金を得ること自体が人間を腐らせたりする悪影響があるとは思わない。
お金を持っていても、人様の迷惑にならない使い方をしている人は沢山いる。

お金の使い道の選択肢にモラルがあるかどうかではないか。
卑劣な考えを抱く内は、お金の有無にかかわらず、
悪いことを考えてしまうものだ。

お金がなければ、無いなりに欲望を叶える方法を考えるだろうし、
あればあったで、実現する方法を考える。

お金の使い方を見ていれば人格が見えてくる。
その判断材料にはなるだろう。
お金を使えば眼に見える現象が大小伴うから目立つ。
そして、自分がお金を持った場合は、
使い方を品格ある使い方で使っていく注意をはらう。

ただ、お金の使い方の正解はなにか?
と、問われても・・・その時々で必要なことは違うし、
良いと思ったことが身を滅ぼす可能性が無いとは言えない。
でも、いつまでも自分の手元に同じ価値であると思うのは危険で、
その価値が下がったり紙くずに変わる可能性だってある。

当たり前だが、自分が使えるうちに使うのが、
お金の使う時期ではないだろうか。
人に使わせようと残しても、なかなか色々な条件が重なって、
見事に使えることが少ないように思える。
関連記事

theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

tag : 石橋忍月 富の力 富の徳 人間学

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。