スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口県防府市 土石流について

 県のHP、市のHPを見ても、未だボランティア募集、義援金募集の内容が書かれていない。
ボランティアが近づくには危険な状況と言う事もあるかもしれないが、
義援金や物資の届け先の情報位は、そろそろ公表してほしい。

 家族や家を失った人へ、せめて仮の弔い、仮の住まい、食料、衣料の配給は、
行政だけでは限界がある事は阪神の震災の教訓で分かりきっている。
市民レベルでの活動が、一番被災者を救ってくれたかも知れないというコメントを
テレビを通じて聞いた事もある。

 今は選挙活動をしているときではない。
特例で選挙など、数ヶ月ずらしても良いではないか。
人が定めし選挙期日に、人が敵わぬ天災に対する
積極的救助が後回しにされるとすれば、
その国家は、自分たちの手によって滅ぼしてしまうだろう。
歴史上の亡国、私の恩人(明治の生まれの方)、安岡正篤翁も、
同じ様な事を教えてくれている。

 私の想像では、今一番頑張ってくれているのは、地元の住民、消防団、自衛隊だろう。
「本物か偽物か」
これが分かるのは、こういう時だと思う。
自衛隊の存在を批判したがる人も居るが、自分の親が災害に巻き込まれ、
他人なのにも関わらず、一所懸命泥を汗だくになって掘り起こしてくれている姿を眼にすれば、
組織としての自衛隊はともかく、自衛隊員に対しては一言も無いだろう。

 日本は今、国内外の識者、未来の歴史家に、その姿勢を試されている。
私は現状で、孫にこの時の事を訊かれても、胸を張って応えられる行動をしたいと思う。
関連記事

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

tag : 土石流 山口県 防府市 日本の在り方 支援 国会 歴史

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。