スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間の流れに抗して身を処せ 菜根譚より

自分自身を堅持して世の中を生きて行くには、
ただ環境が、その時々に変化するのに従っているだけではいけない。

必ず、熱い火が金属を溶かすようなときであっても、
清らかな風が静かに吹いているようにし、
厳しい霜が降りて万物を枯らしてしまうようなときにあっても、
気持ちが和らいでいるようにゆったりとし、
空が曇って土嵐が天を覆っているときでも、
仏の知恵が世の中を明るく照らしているようにし、
大きな波が海を逆さまにするように荒れ狂っているときでも、
黄河の真中にそびえる砥柱という山が、
激しい川の流れの中でびくともしないで立っているようにする。
それで初めて、広い世の中に生きていく真実の人物であると言える。


清朝本全訳 菜根譚

精神論ではあるが、中国古典によく登場する自然物などへの喩えが素敵だ。

日本人として、こうした心意気を持っていたいものだ。
言われるがままでは、後々後悔する事も多く説得力に欠ける。
あくまで正邪の判断などについてだが。

グローバルな時代である以上、方法論や技術などの枝葉末節は吸収していかないと追いつかない。

気が付いたら「自分とは誰だろう…」などと思う事態は避けたい。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 菜根譚

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。