スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「め」 島津日新公いろは歌より 島津忠良

めぐりては 我が身にこそは 事(つか)へけれ
先祖のまつり 忠孝の道

先祖をよく供養すれば、自分の子孫もよく供養してくれるものである。
先祖の祭りを大切にして、親に対しては考の道を尽くせばやがて我が身にかえってくる。


島津日新公いろは歌

家族が生きている内に彼らのために尽くす事は、
回り回ってその家族の安寧に繋がる。
その中心的存在に自分がなるのだ。

ただ、人間は完全ではないから、家族故に気のゆるみから
聞きたくない様な話を家族から聞かされたり、
嫌な思いをさせられる事もある。
それは仕方ない。だが、自分の出来る範囲で良いから、
まだ家族の行っていない家族の為になる善意を実践してみる。
感謝されなくても良い。それは陰徳に属する。
ただ、積み重ねれば、自分の我慢強さや精神は鍛えられ清められる。

清らかな人間の周囲には自然清らかな人間が集まってくる。
清らかな人間の居る場所は清められ、環境は自然と変化していく。


さて、そもそも何故に先祖を供養するのか。
それは、先祖の存在を忘れないためと、
生まれてきたことに対する感謝が込められているのではないだろうか。

さらに死んでしまえば、何も見えないし何も喋れない。
下手をすれば意識自体が消えて無くなってしまうかもしれない。
科学的に輪廻や霊体での生を証明できていない以上は、
自分を祭ってくれている家族の姿を死後に認識できるかは不明だ。
その満足感を得る保証は無い。

私はご先祖様の意識が存在して、私を守って下さっていると信じている。
ただ、私の意識が死後に残るとは証明できない。
一つ言える事は、ご先祖の体の一部は私の中で生きている。
「DNA・遺伝子」だ。
私は両親の遺伝子を受け継いで、それによって肉体が構成されている。
両親は祖父母の遺伝子から肉体が構成されている。
それの繰り返しでずっとさかのぼれる。
そうなると、先祖は意識としてではなく、
私の肉体として、また、志や想いは精神に息づいている。

墓場・仏壇の前で手を合わせることは、巡り巡って自身に対する感謝に。
そして、その姿を見ている家族が、自分に対して、家族自身に対して、
生命を大切にしていく始まりとなっていくのではないだろうか。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 島津 日新公 いろは歌 先祖 忠孝

comment

Secret

私も信じています。

こんにちは! 言蔵です。

「私はご先祖様の意識が存在して、私を守って下さっていると信じている」

私もです。
この意識が、巷で言われる霊的なものかどうかは
おいといても、少なくとも・・・

「両親は祖父母の遺伝子から肉体が構成されている。
それの繰り返しでずっとさかのぼれる。
そうなると、先祖は意識としてではなく、
私の肉体として、また、志や想いは精神に息づいている」

との瓠洲さんの言葉は、真理だと思います。
これは名言ですねー。

そして、人が選んで行った行動、発した言葉は、
めぐりめぐって自分に帰ってくるんですよね。

深く温かい気持ちにもなりました。

今日も応援していきます^^)

言蔵さん

コメント有り難うございます。

ご返信が送れまして申し訳ございません。

>人が選んで行った行動、発した言葉は、めぐりめぐって自分に帰ってくる

本当に其の通りだと思います。
「自らの言動の責任をとる」
大切な事ですね。因果応報。

誰にも「本当の明日」はわかりません。
「推測の明日」しか想像できません。
ただ、日頃の行いが思いやりに満ちていれば、
その積み重ねが蓄積する程安心感が増すもの。
日に日に恵まれた経験、感動に出会うからです。

明日も良い一日になると良いですね。^^
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。