スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「孔子教と紳士道」1 渋沢栄一 論語を活かすより

しかし、君子の意義、紳士の意義は、単にそういう外観的によってのみ定まるものではない。
いなもっと根本的に必要な紳士としての条件は、おのおのの人格に存するのである。
人格高潔にして自らの事業を遂行し得る人、親切心深く、忠実にして社会の信用あり、
己自身の利害得失は打ち捨てて、世のため人のため活動しうるような人、
これこそ本当の紳士である、君子である。


論語を活かす 明徳出版(Amazonに商品無し)

「人格高潔にして自らの事業を遂行し得る人、
親切心深く、忠実にして社会の信用あり、
己自身の利害得失は打ち捨てて、
世のため人のため活動しうるような人、
これこそ本当の紳士である」

この文言に全てが集約されている。
これを読んでいて、言蔵様のブログ「人生を変えたあの言葉 ~忘れられないあの人の名言~」にて紹介された、
上杉謙信公家訓」の上杉謙信像と重なる部分があり興味深かった。
上杉謙信という人物は、乱世に於ける紳士ではなかったのだろうか。(笑)

「尊敬とは、されるために努力して身につけられるものではなく、
己を磨こうとする内面活動によってのみ、集める事が出来る」と思う。
人はそれを勘違いして、外へ外へ行おうとするから、空回りする。

利他の実践を己に課し、人との約束・己の言動を裏切らない。
これは言葉にすればほんの一行かもしれない。
しかし実践するとなると簡単ではない。私は完遂できる自信が無い。

次回は私が紳士君子だと思う、母方の祖父について書きたい。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 渋沢栄一 紳士 君子 論語 言蔵 上杉謙信

comment

Secret

ありがとうございます。

こんにちは言蔵です^^)

未熟な私のブログの記事を関連づけて
記事を書いていただき、恐縮です。
大変うれしく思っています。

「人格高潔にして自らの事業を遂行し得る人、
親切心深く、忠実にして社会の信用あり、
己自身の利害得失は打ち捨てて、
世のため人のため活動しうるような人、
これこそ本当の紳士である」

この言葉は核心を突いていて、
全くその通りだと思います。
私は今まで、会ったことがある人の中で
このような境地に至った人物を何人も知りません。

「しかし実践するとなると簡単ではない。私は完遂できる自信が無い。」

私も完遂できる自信はありませんが、
目指す姿勢、思いは忘れてはいけませんよね。

瓠洲 さんや私の記事を読んで、
謙信公もあの世で苦笑いしているかもしれませんねー

いろんな歴史上の人物を苦笑いさせていきましょう^^)
そんな想像をしながら、記事を書いていくのも
楽しみですね。歴史のロマンですよね。
やめられませんよねー。

本当にうれしく思っています。
ありがとうございました。

応援していきます^^)/



古人の言を蘇らせて…

言蔵さん

いつも書き込みとブログ更新有り難うございます。

本人の口からは語られる事のかなわない言葉達を蘇らせる事。
それが私のブログの基本精神です。

言蔵さんのブログは、故人だけではなくて
現代の生きる人々の言葉の中に発見をされていかれるので、
私には真似が出来ません。

これからもブログ更新を楽しみにしております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。