スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

含徳の厚きは、赤子に比す 老子 中国古典名言辞典より

天から得た一元気を厚く含み蓄えている人の姿は、
無欲の赤ん坊のようなものである。
このような無心の者に対しては、猛獣も爪をかけることはなく、
鷲や鷹のような猛鳥もとびつく心配はない。
他を害する心がないからである。


中国古典名言事典

この心持ちは、交渉でも使うことが出来る。

己の心を無欲にし、相手の懐に飛び込んでしまう。

この方法は、相手が大人物である程有効で、
変に小細工を仕掛けるよりも、誠実誠意を以て応対する。
私心を挟まず、論点をずらざす、お互いにとってよりよい形で交渉の
着地点に辿り着ける様に摺り合わせる。

相手に呑まれている様に見えて、実は難敵を己のペースに呑んでいるとも言える。
つまりは、相手と一体になってしまうのだ。

絶対に敵わないとおもう相手を目の前にしても、
私心無く、相手を恐れず、己を過信せず、対等に、
心を穏やかに虚しくして向き合えば、
相手はこちらの真の実力を量りかねるか、同じように警戒心を解いてくる。

ただし、相手が警戒心を解いたからといって、
こちらの心に雑念が入り込めば「ガブリ」といかれる。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 老子 赤子

comment

Secret

参考にしています!

いつもブログ参考にさせてもらっています。
素敵な内容ですね。
カテゴリーも分かりやすく分類されているので
見やすいです。まねしたいところですが
私にはセンスが無いみたいです、、、。
今後も参考にさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

木村太郎 様

こちらこそ、いつもお邪魔しております。
拝見するのみでコメントをしておらず申し訳ございません。^^;

スピリチュアルの分野は、括り分けが難しいですよね。
全てが一つに通じてしまうので…それに深いですし。

木村様の文章は読みやすいですし、解りやすくて好きです。

神社・仏閣等のスピリチュアルは私も関心がありますので、
今後もお邪魔させて頂きたいと思います。
宜しくお願い申し上げます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。