スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十七条憲法 第八条の解 安岡正篤 人生の大則より

諸臣は朝早く出勤して、日暮れて退出するように心がけよ。
官の仕事というものは、おろそかにできないもので、
一日中かかっても、なかなか尽くせるものではない。
故に朝遅く出勤したのでは、満足に事務の処理のできようはずがなく、
また早く退庁するようでは、必ず仕事がし尽くせず、職務怠慢となる。


人生の大則―人間学講話

今も昔も、官職に就くのは過酷な職務であるようだ。

責任のある地位につけば、それだけの見返りが得られる反面で、自分の時間が取りにくくなる。

仮に責任のある立場に身を置いていなくても、早めに出勤して前日からの状況の変化や、
当日の運びなどを朝の内に整理しておくと、仕事も効率的に行えよう。
そして、職務時間は集中して勤勉に働いて、無駄な残業などはせずに英気を養う方が良いと思う。

高い立場になると「わがまま」が通りやすくなる。
それを行使すれば、実際は遊びのような私的な理由でも、
勤務時間を思うがままにしても責めを受ける事が少ない。
それを戒める為の第八条なのではないだろうか。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 安岡正篤 十七条憲法 聖徳太子

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。