スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天業」 照心語録 歴史に学ぶより 安岡正篤著

 仕事というものはその内的価値観から四つに大別する事が出来る。

一つは我々の欲望や才能からする仕事で、これは単に事業という。

事業にその人の尊い人間内容がにじみ出てくるとこれを徳業という。

それが更に徹底した人間の真理に結びつくようになると道業となり、

ついに自然と人間とを一貫して反映せしむるようになるとこれを天業という。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
にほんブログ村

 お金を稼ぐ手段という仕事への動機は不純ではない。
貨幣社会においてお金を稼がない、労働を提供しないという事は、
自分だけではなく他者への奉仕も否定する事になりうるからだ。
社会へよりよい形で労働を奉仕してお金を頂き、
社会へよりよい形でお金を使い還元する事が、徳によって行われる貨幣社会だ。
その橋渡しをするのが、企業であり国家である。

 「我富みて、隣人悦ぶ」
富我悦隣(フウガエツリン)の状況が起こりうるのが、豊かな国家となった時でしょう。
勝手な造語をつくってしまいました。(笑)

 現状で自分がどの事業に身を置いているかを確認した方が良いと思います。
私自身、事業を超えたとは思えますが、道業にまではとどいていないと思います。
今は、渋沢栄一翁と松下幸之助翁の教えを胸に、徳業の実践中です。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 照心語録 渋沢栄一 松下幸之助 安岡正篤 商い

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。