スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十七条憲法 第二条 安岡正篤 人生の大則より

第二条の解

篤く三つの宝を敬いなさい。三宝とは仏と法と僧である。
仏とは師と仰ぐべきものであり、その解かれた教法は、
人の依るべき道であり、またその僧徒は教えをひろめ、供養を営むものであるから、
昔からこの三つを特に三宝として、敬ってきたのである。
人間はもちろんのこと、四生(胎生・卵生・湿生・化生の四種生物をいう)といわれる
鳥・獣・虫けらも結局これに帰し、あらゆる国も究極この教えをいただかねばならぬ。
いったい人間というものは、その本来からいえば、そんなに悪人はおらないのである。
よく真理を説いて教えれば、これに従うものである。
仏法に帰依しなければ枉(ま)がったことを直すということはできるものではない。

人生の大則―人間学講話

僧侶という存在は、当時、医学、科学、倫理、あらゆる知識を有している識者達であった。

日本に於いても、海の向こうから届けられた仏教や様々な知識の影響で、
進んだ文化を取り入れていたのだろう。先進的な人々であったに違いない。

今となって考えてみると、日本に伝来したのが仏教ではなく、
別の宗教であったとしたらどうなっていたのだろう…などと考えてしまう。
現代日本の価値観を根本的に変えていたかもしれない。

人と思想の出会いは偶然性と必然性を兼ねているような気がする。
偶然から己の価値観を認識し、その価値観で生きることによって、思想と出会う。

人間それぞれに様々な思想があろう。
己の思想を深める努力と、他の思想を己の思想で解き明かしたり、
あるがままに受け入れてみたり、深めれば視野も広がるはずだ。

最後に行き着く所は案外似ているのかもしれない。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 十七条憲法 第二条 安岡正篤

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リンクして下さり、ありがとうございました。
私のブログにも儒侠の瓠洲さんのブログを
リンクさせて頂きました。
今後とも末永く宜しくお願い致します。

No title

いつも当ブログをご覧下さいましてありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

No title

皆様、有り難うございました!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。