スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私心を捨てて公正な判断をする 菜根譚より

正しいことと間違ったことが錯綜している様な状況では、
わずかでも正邪をあれこれとこじつけて説明してはいけない。
少しでもこじつけたならば、従うべきか反対すべきかの正しい判断が出来なくなる。
損をするとか得をするとかの問題が絡んだ状況の中では、
その損失や利益をあからさまにしすぎてはいけない。
あからさまにしすぎると、心の本来向かうべきところに偏りが生じてしまう。


清朝本全訳 菜根譚

霧の中で鉄砲を撃つなと言う事であろう。
鹿を獲りに行って、熊に襲われるかもしれないし、
人に弾が命中してしまうかもしれない。

物事がはっきりするまでは、一つ一つの状況証拠だけで、
全体を解った風に理解するものではない。
そして、誤っていれば素直に改めるべきで、
自分の最初の主張に固執するのは善くない。
自分の首が回らなくなるだけである。

内心不服に思いながらも、誤った論に従わなくてはならない、
不本意な状況が待ち受けているかもしれない。

私心は、判断を好意的解釈に捉えようとする足枷になるのだ。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 私心を捨てて公正な判断をする 菜根譚

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。