スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうほめて明日わるくいう 一休宗純 一休和尚伝より

きょうほめて明日わるくいう人の口
なくも笑うもうその世の中

きょう本人をほめたその口で、
明日はその人の悪口を言う。
これが人の口というもので、
なんとうそで泣いたり笑ったりの世の中であることよ。


道歌教訓和歌辞典
人のこと誉めやすい人は、反対に悪くも言いやすい。

他者への依存する気持ちが強い人物の中に、
人の評価をコロコロと変えてしまう人がいるというのだ。

知人で心当たりのある方も居るのではないだろうか。

しかし、こういう人物は、大して悪気はないのである。
純真であるが故という事もある。
後先考えず口にしてしまうのだろう。

自分の言動に責任を持ちなさいといっても、
こういう方は治りにくい。

うまく付き合う事である。

そして自身には、他人の悪口を言う位なら、
その人に依存心を持つなという事であろう。

まぁ、そうは言っても、あまりの適当ぶりに辟易する事もあるだろうが。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : きょうほめて明日わるくいう 一休宗純 一休和尚伝

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。