スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情を込めて描かれた肖像画 オスカー・ワイルド ドリアン・グレーの画像より

感情をこめて描かれた肖像画はすべて、
その芸術家の肖像画であり、そこにすわっている人のではない。


新版 世界名言事典
漫画や絵を描く人で、描いているコマの人物と同じ様な顔をしてしまう人は居ないだろうか。
私は昔描いている頃はそうであった。
無意識にそうなってしまうし、そうなった方が感情をストレートに紙に写せた記憶がある。

絵を描かない人には、そっくりに描かれた肖像画が何故作者なのだ?という疑問を持つ方もいるかもしれない。
しかし、模写であれ、想像で描かれた物であれ、この言葉に集約されてしまうと思う。
絵というのは、極論を言えば、どんなものが描かれていても、作者の心と体の一部と言っても良いかも知れない。

絵は、作者の心であり、皮膚であり、爪である。
破られても身体的痛みを感じはしないが、心は傷つく。

theme : 創造と表現
genre : 学問・文化・芸術

tag : オスカー・ワイルド ドリアン・グレーの画像 感情を込めて描かれた肖像画

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。