スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経書と史書 安岡正篤 安岡正篤一日一言

経書は実生活の注脚として読むべきだが、それには世故を積み、歳を重ねること、世の辛苦を嘗めることが大切だ。
そこで若い間は史書を読むこと、人物を研究して経史を一如にすることを心掛けねばならぬ。


安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う
 私が人物学を学んだり経書を読んでいて感じたことは、現代の人々は教師に恵まれていないことである。
私の祖母や祖父の時代までなら、身近に経書等に詳しい博識な先生が割と多く存在していた様だし、
日常生活に経書や史書が結びついていた様だ。
しかし、私は祖父から躾として学んだ以外に最近まで自分の師を得られなかった。
他の皆さんもそういう方が多いのではないだろうか。

 興味を持ち始めた頃には、この著者である安岡正篤氏も没後だったし、独学に任せるしかなかった。
学びのヒントは沢山書物から頂いたが…やはり最上の学びは生きている人間に学ぶ事という順位がつけられている。

 安岡正篤氏のお孫さんにあたる安岡定子さんは、
http://www.meijishoin.co.jp/chosya/yasuoka.html
こどもに論語を教える書籍を発行して、現代に論語の教養を復興しようと取り組まれていらっしゃる。

 こうした活動が盛んになると、世の中も若い世代から変化をしてくると思う。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 安岡正篤 安岡定子 経書と史書

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。