スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づき 鍵山秀三郎 鍵山秀三郎一日一話

 世の中で、成果をあげる人とそうでない人の差は何か。それはムダであるか、ないのかの差だと思います。

 では、ムダをなくすためにはどうしたらいいか。それは、気づく人になることだと思います。
気付く人になることによって、ムダがなくなります。

 その気づきを引き出すのに、もっとも効果的だったのが、私の場合、トイレ掃除でした。

鍵山秀三郎「一日一話」―人間の磨き方・掃除の哲学・人生の心得
 気づきというのは、レストランでいう処の、テーブル上に空の食器が置かれているのに気がつき下げる事。
気づきの弱い内は、同じテーブルを見ても、食器への気づきができず、放置してしまうことがあります。
気づきの基本は観察だと考えていました。鍵山氏はトイレ掃除をすることが、それを磨く場所だったのだろうと思います。

 私の体験では、成果を上げられたのかは判りませんが、
「相手に言われる前に、して欲しいことを察して行動する」
これを実行する為にテーブルの観察を怠らず、気を配る事に集中していたものでした。

 店舗の全体の利益として、どう影響したかまでは判りませんが、感動する事がありました。
隣のビルに事務所を置く会社の社長さんが来られて私がテーブルを担当したのですが、気配りを気に入って頂き、
社長命令で接待の席は当店で行う様に命じて下さりまして、毎日ご予約を頂ける様になりました。
私も、その席は責任を持って担当し、和やかな雰囲気で楽しめる様に工夫しました。
お互いにとってプラスになる関係を築くことが出来ました。

 しかし、これは社長さんにも「気づき」が無くては共感できないので、運が良かったのだと思います。
お互いが「思い遣り」を持てて初めて成り立つ信頼関係なのだと思います。
当時は若輩で落ち込むことも多かったですが、そういった社長さんや常連の方の励ましがあって、今の自分があるのだと思います。


 「レベルの高いおもてなし」というのがありますが、其れが心から湧いて出た物なら素晴らしいのですが、
テクニックに終止してしまうのでは、むしろ偽物の様な気がします。
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 気づき 鍵山秀三郎 鍵山秀三郎一日一話

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。