スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はちきん-男より強い乙女

乙女宛て・文久三年(1863)八月十四日

此人ハおさなというなり。本ハ乙女といゝしなり。今年廿(にじゅう)六歳になり候。馬によくのり釼(けん)も余程手づよく、長刀も出来、力ハなみゝゝの男子よりつよく

(この人は佐那と言います。幼名は乙女です。今年二十六歳になります。馬に上手に乗り、剣も強く、なぎなたもできて、力は普通の男より強く…)


龍馬語録

 土佐弁で、はちきんというのは男勝りの事。

 初めての江戸での剣術修行の際、北辰一刀流小千葉道場で千葉定吉の娘と出会っていると、龍馬語録には書かれている。年齢は龍馬よりも三歳下。

 この人物設定、男勝りを除けば、まるで女優の大野由加里さんとしっくり合う。現代の千葉佐那ですね。

 私の知人にも、上野高校の同窓会の重鎮の仕切り屋の●●と呼ばれる女傑がおられ、若い頃には男にも張り手を張るくらいの気骨のある女性です。今は、おだやかですが、ちょうど、彼女もそんな若い時代を過ごしていたのでしょう。彼女の言う事に逆らえない男連中が山ほど居るのですから。(笑)

 強い女性への憧れを抱く男子は、私が見る限りは、幼少期から子供時代に強い女子に助けられた経験がある人物が多いと思います。もしくは、周囲の環境に強い女性が多かったか。

 お嬢さんばかりが周囲にいた男性だと、女性はか弱いものだと思い込んでいるのですが、其の逆だと、強くても男性視したりしないんです。でも、最近の女性は、論理的には男顔負け強くなっているのを感じます。小中学校の帰りの会とホームルームの、女子による悪さをした男子への集中攻撃の激しさは凄まじく、一対多数だと、男子が泣いてしまう自体まで勃発します。私も泣かされたタイプです。臆病で弱虫で寝小便垂れでしたから。(笑)

 しかし、女子から男子の意地悪から守られた経験も多々あります。だから、私も強い女の人が好きです。戦国時代に生まれていたら確実に剣客娘かくノ一とつき合います。(笑)
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 坂本龍馬 千葉佐那 はちきん-男より強い乙女 恋愛

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。