スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今日閃いたこと】教育者を教育する事 気骨と胆力を育てる

 まず、あるニュースの文面を紹介します。

リンクから来た教職者の方は、以下の文章を実体験で味わっているでしょう。
私の学んできた学は、日教組からは邪道、私の師匠も日教組批判を公然としていました。
しかし、それは中庸の教えに完全に背きます。良ければ興味本位で、続きも読んでいって下さい。
純粋に力になりたいのです。

「教員:試用期間の退職、過去最多の315人 3割は精神疾患--08年度」

 1年の「試用期間」のうちに、教壇を去った公立学校の新人教員が08年度は過去最多の315人(前年度比14人増)に上ったことが、文部科学省の調査で分かった。うち約3割の88人は精神疾患を理由に退職していた。文科省は「イメージと現実とのギャップで自信を喪失し、うつ病などになるケースがある」とし、相談相手となるべき先輩教員らの支えや目配りを求めている。

 315人のうち依願退職者は304人(前年度比11人増)。病気が理由だったのは93人で前年度より10人減ったが、5年前の10人、10年前の5人と比べると急増ぶりが際立つ。文科省が今回初めて精神疾患の人数を調べたところ、「病気」の95%を占めた。


 私は正直に言って、これまで子供達の教育に徳育を取り入れて、人格者を育てる事を考えてきた。
しかし、それよりも深刻な問題が起きているのだ。せっかく教師を志したのに、心が折れてしまい、挫折する将来の教育者達。こちらの方がもっと取り返しの付かないことになる。それと、教師自身の抱えるストレスによる精神疾患

 ここから、暴力的発想で、「精神的に病んだ教員に子供を教育させるのは如何な物か?」というのは違うと思う。教師自身に気骨を培って貰い、教師自身に「人としての道」を説いていくことで、それが子供達に繁栄されていくし、一人で辻説法をするよりは余程効果的であると閃いた。この程度の閃き、何千人もの人間が気がついたであろう。でも、私には、教師、子供、両方を救う為の教養として道徳を教える手段を、今日から考えていく。
 先ずは、新卒の教師の卵達だ。彼らの集まりをもうけて、人間の種類、その接し方、処し方、これらを教えて、暴君タイプの親や子供に対する秘策を授ける。彼らが定着してきたら、今度は、先輩教師達だ。彼らは教育者である事に何年も慣らされているが、教えられる側に立つことは本当に久しいと思う。それに抵抗もあるだろう。でも、彼らを教員として、気骨有る強い教師になって貰う為に大切な事を古典から引用して実践的な方法論にまで落とし込んでいく会を開きたい。衆知を集めて、問題と向き合い、学校という教育の場に教員の手をもってして平和を取り戻すのだ。

 子供だけの教育では、救える人間の数は限られてしまう。
ニュースの記事を読む限り、教師を取り囲む環境は変わりつつある。
それに動揺しているベテラン教師も多く、新卒で未熟な教師志望者は悩んでしまうのだ。

 経世済民を遂行する活学として、安岡正篤先生とは相反する思想を持つ、教師達の救済が急務なのだ。
しかし、それをするにしても、私のスタンスは、安岡正篤先生と細井平洲先生の学の様式でしかできないが、
心さえあれば伝わるはずだ。まずは動くしかない。身近なところから、出来ることをするしかない。

 最後に、ご覧頂いた教職員の皆様、長い文面最後まで有り難うございました。
私の立場は、学んできた学問のせいで、右寄りにみられます。
しかし、中国古典の重大事である中庸からすると、右、左は無意味なことなんです。私は、出来る限り中庸を守るようにしております。師匠が右であっても、私は中庸の立場は崩せないのです。そういう人間ですから。
世間的に見て左の人々へ、右的な人が何かを説いたとして、どうなるか。内容に因ると思うのです。
やってみなくては分からない。気骨を会得するには、中国古典の儒学・道教と言うよりは法家や陽明学にヒントが多く載っています。

 私のイメージする気骨のある教員の姿は、教室に近づいてくるだけで、生徒は直感的に教師の存在に気がつき、緊張感が走り、背筋が伸びる様な思いに染めます。そして、生徒や親との間に難を迎えた場合、一対一で、お互いに人間同士で話し合います。殴られて、鼻血が出ても、眼鏡が割れて飛び散っても怯まず、そのまま相手の目を鋭い眼光で見据えたまま声を荒げず、同じ調子で語ります。そして、逃避しようとしても逃がさず、「俺はお前と向き合っているんだ、逃げるんじゃない。俺に無礼だろう。」と、全生徒の前で堂々と渡り合う。これを見れば、普通の人間なら、恐れを抱くでしょう。同時に、冒しがたい者を其の教師から感じ取ります。反抗する気力を、己の心力と気骨で、くじくことが出来ます。そこからが、彼らへ自分の言葉が通じ始める瞬間なのかも知れません。

 ご賛同頂ける教師の方がいたら、教師の居場所を教室に作る為の活動をはじめてみませんか?
そうでなくても、貴方は生徒を正道に歩ませることが良い仕事と呼べるます。
気骨で、相手のジャブの腕を根本からへし折る位気迫を以て、生徒に接してみては如何でしょうか?
あなたなら、きっとできる。捨て身になって、一度の勝負に賭けるのです。貴方が培った胆力が本物なら、相手は貴方に屈するでしょう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 教師の救済 教師の鬱病 精神疾患 解決 急務 気骨

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。