スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大器は遅く成るの理にて 「吉田松陰名言録」より

万事速やかに成れば堅固ならず、大器は遅く成るの理にて、躁敷(さわがし)き事にては大成も長久も相成らざる事に之あるべく候(後略)。

嘉永元年(一八四八)十月「明倫館御再興に付き気付書」

訳:すべて順調に成長した人物は、意志が強く、他人に簡単に惑わされないかというと、そうでもない。立派な人物というものは、時間をかけてゆっくり成長するのが道理であって、騒々しい状態ではホンモノの立派な人物になることはない。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
にほんブログ村


 同じ努力を続けて、志を持ち続けるのなら、長い時間をかけた方が、練られた人物が成長するかもしれないが一概にそうは言えない。同じ経験や努力でも、その受ける側の人間の取り様で、成長の早い遅いは左右されよう。だから、「時間をかけた大器」と「短期間で熟成された大器」での善し悪しは測れない。そもそも、人の器を比べるのはおかしい。人の器の方向性や広さは一人づつ異なって良い物ではないか。その器を見極めて、世のために成る様に図っていくのが、人間学者の一つの道だと考える。

 騒々しい中では小さな声に気がつかない。ただ、騒々しい中であっても、それを心に留められるのは修練によって適う事だと思う。周人を察するというか、感じるというか・・・
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 吉田松陰 人間学 生き方

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。