スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改革は公平に 勝海舟 氷川清話より

 行政改革といふことは、よく気を付けないと弱い物いぢめになるヨ。おれの知つている小役人の中にも、これまでずいぶんひどい目に遭つたものもある。全体、改革といふことは、公平でなくてはいけない。そして大きい者からはじめて、小さいものを後にするがよいヨ。言い換へれば、改革者が一番に改革するのサ。松平中守が、田沼時代の疲弊を改革したのも、実践躬行をやつて、下の者を率ゐてゐたから、あの通りうまく出来たのサ。

明治二十六年の談話。「松平越中守」は、寛政改革の老中松平定信。


氷川清話 (講談社学術文庫)
 これは勝先生が亡くなる6年前、つまり70歳の時の談話。

 まずは周囲の住民の見栄を取り除いた生活ぶりと、我が家の家計を見つめてみよう。
其の後に、ニュースで私たちの上の者。つまり為政者とその家族の生活を見つめてみよう。

 勝海舟先生の論法で言って、この日本の改革は上手く行くだろうか。それ以上は語るまでもない。

 西郷隆盛氏の様に民衆の立場の政治を、つまり真面目な市民を目覚めさせる様な言論を吐くと同じ意味を現す。明治政府では邪魔な存在となり西郷氏は反逆者として消された。
言論の自由が赦されたこの日本であっても、無言の言論弾圧は存在してもおかしくない。
それも幕末明治期から変わらぬ悪癖なのかもしれない。

 もし、私の身に万一のことがあれば、あの世で勝海舟先生と西郷隆盛氏に「なんだ、おまえもかい」と呆れられそうである。そうしたら、「はい。申し訳ない。」と、頭を掻いて、地上を眺めながら一献傾けるかも知れない。

にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 勝海舟 氷川清話 改革は公平に

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。