スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸と福 安岡正篤 安岡正篤一日一言より

 「さいわい」にも)と二字ある。学問的にいうと、「」というのはいの原因が自分の中にない、偶然的な、他より与えられたにすぎないいをという。たまたまいい家庭に生まれたとか、思いがけがなくうまいめぐり合わせにぶつかったとかいう、これは。これは当てにならない。
 そうではなくて原因を自己の中に有する、即ち自分の苦心、自分の努力によってかち得たる幸いを「」という。という字がそれをよくあらわしておる。示偏というのは、神さまのことだ。示というんは上から光がさしている、神の光、叡智の光を表す。旁は「収穫を積み重ねた」という文字だ。農家でいうならば俵を積み上げるという文字。神の前に蓄積されたるものが「」である。

安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う
 「  」と同じように捉えられがちな字の意味に、これだけの差があるとは知らなかった。

 後者の二字は、努力や蓄積によるものという、人間の忍耐によってのみ可能となる事。
つまり、誰に遠慮することなく、ほどほどにそのにあやかっても良い運なのだ。

 しかし、に甘んずると、運を全て失ってしまう可能性もはらんでいる。
遠慮しつつ、利用するべきは利用し、全てを私のものとしないことで、守られる。

 そこが、意味の根本的違いだと私は思った。
たった一つの単語と漢字から、そこまでの真理を突く。私淑するには高邁なる人物と、
また改めて敬意に値する人物だと、安岡正篤先生に思いを募らせた。
恐らく、安岡先生自身の後者の「」の積み重ねが、こうして後進の私を導いてくれているのだ。
継続して、私もに到る日まで努力を惜しまずにいかねばならない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 安岡正篤 一日一言 意味

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。