スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの手紙 安岡正篤 照心語録より

 細井平洲の上杉鷹山に宛てた手紙の中に、学者を語って面白い一文がある。
「世の中に払底なる(底を払って空しい)者と申し候は、学術志行兼備と申す人に御座候。
何れの国にも学者学者風にて、書に対し候時は学者に御座候。
人に対し候時は世人に御座候」と。
書に対する時だけで、他の時は俗人というのでは、ひとを感化・指導することなど思いもよらぬ。

 平洲はよく"生え抜きの人間"ということを説く。折角人間に生まれながら、
多くは成長するにつれて退化・歪曲・分裂して、却って非人間的な方へ逸れてゆく。
しかし我々は成長すればするほど大木が一貫して伸びゆくように、"生え抜きの人間"にならねばならぬ。
それが人間を造るということだ。


照心語録
 学者であっても、教師であっても、公務員であっても、職人であっても、本物本物らしく生活できるが、
大方は職業を名乗るできそこないが多いということであろう。
自分を見極めず、適職に就かず、流されるままに仕事について、
其れを天職とするまで自分に吸収しなかった者が、此処で言う「生え抜きの人間」になりそこねた退化・歪曲・分裂してしまった人間だ。

 これを学者で分かりやすく、書と生徒の前では学者だが、そこを離れたら学者でなくなったという面白い話にしたのだろう。厠に立っても、人を感化する背中を持つ学者にならねば本物ではないだろう。もう、その人が徳の権化であるかのように、自然に振舞えて本物。言行一致。

 しかし、人間には途中から生え抜きの生き方をする事ができる。

 細井平洲学者として身を立て、苦労して、学者として死んだ。そういう人生だった。
ここまで言行一致の人物である。幾らでも、良い待遇の誘いはあったが、どこの流派にも属さず、
全てを受け容れ、学者であった。侍でないから、褒め言葉は、サムライだったというのは似合わない。
最後まで、真儒であったという言い方が正しいかも知れない。

 彼の生き方に勇気付けられること幾多あったが、本物の男の姿がここにある。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 生き方 安岡正篤 照心語録 細井平洲 学者 偽者 本物

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。