スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史哲学と宗教 安岡正篤 照心語録

 歴史哲学からみれば、その時代の為政者が指導力と責任を喪失し、民衆も不安動揺を来すと、必ず何らかの宗教が流行する。末法の衆生は現実を乗り切ってゆくだけの生命力・生活力がなく、情緒的に現実を解脱させてくれるいわゆる宗教的なものを欲するからだ。戦後の哲学・道徳の不振に比して宗教的なるものが盛行したのもこれである。

照心語録
 民衆には誤解している点がある。民衆は国が無くても存在できるが、国は民衆が無くては存在しない。
どんな困難な時代であっても、自分が人間である事を捨てさえしなければ、自治という物は為すべき人物が興す物だ。それは、中国の帝の頽廃→戦国時代→新王室設立という過程で明かである。

 安岡正篤先生の兄は、高野山金剛峯寺第403世座主、堀田真快さんという真言宗の大人物である。
お互いに相談し合う仲であったそうだ。

 宗教の見分け方として、「人に欲されて成立した宗教」は怪しい。しかし、おおよそどこの宗教組織も腐敗は進んでおり、内部でけしからん事を企む輩は巣くう物である。現実に、私はそれを見たことがある。その時、宗教も人が作り出した物である以上、腐敗はするのだと実感した。しかし、教典が腐敗したのではない。

 混沌の世の中で迷う心の持ち主には、自分の運命を信じるのではなくて、自分を信じなさいと言いたい。
自分がしっかり現実を見据えて、見識を広げれば、何を為すべきか見えてくるはずだから。
その努力をせずには、「与えられた現実」と「与えられた運命」と「甘い誘い」がその人に近づいてくるだけだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 安岡正篤 照心語録 歴史哲学と宗教 末法

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。