スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自らに厳しすぎず、滑らかすぎずに 菜根譚より

 君子、厳なること介石の如くにして、其の親しみ難きを畏れしめば、明珠を以て怪物と為して、剣を按(お)くの心を起こさざること鮮(すく)なし。
 小人、滑らかなること脂膏(しこう)の如くにして、其の合わせ易きを喜ばしめば、毒セキを以て甘飴と為して、指を染むるの欲を縦(ほしいまま)にせざること鮮なし。

 立派な人間が、大石のように節気を守ることに厳しすぎ、その容易に親しみ難いことを恐れさせたならば、往々にして、美しい珠を得体の知れないものと見なし、剣に手を置いて油断なく身構えるような殺伐とした心を起こさせることになってしまう。
 つまらない人間が、人付き合いが油のように滑らかで、その付き合いやすさを喜ばせるようにしたならば、往々にして、毒虫の害を甘い飴と勘違いし、これを嘗めるために指を自由に差し入れるような、危険なことをさせてしまう。


清朝本全訳 菜根譚
 人の上に立つ人物の処し方にも通ずる項目だと思う。
あまりに才気に溢れ、それを明らかにすれば、自然に欺瞞の心が生まれりから本当の言葉が聞けなくなる。
節操なく、なれなれしく誰とでも打ち解けようと、甘い言葉を掛けてばかり居ると、どんなどんでん返しがあるか分かったものでは無いとも解せる。

 しかし、一般人に於いても、自分が真面目に生活しているのに・・・と考えてばかりいれば、なんとも近寄りがたい人間となってしまう。節操なく人付き合いをすれば、どんな危険な輩が混ざっているか分からない。と言った具合に、応用できる。

 神経質で責任感のある人間は、最初の項目に陥りやすい。正しいと思っているから、他者が、まさか自分を警戒なんてしているとは思わず、嫌われていると勘違いして滅入るのだ。

 後者は、主体性のない外向的性格の持ち主への箴言だ。人脈はただ広ければ良いと言うことはない。人脈が広いと言う事は、人と人の橋渡しも時には行うであろう。しかし、自分に過失があり、恨みをかうようになると、橋渡ししたはずの人々にソッポを向かれ、台無しになってしまう事も有りうるし、相手が人間である以上、過失が無く順調でも邪魔をしようと仕掛けてくる者もその人脈の中の一人に居るかも知れない。油断大敵である。

 古人での人付き合いは、さして問題とはならないが、仕事を通じての人間関係となると、人物眼を持たない人間は圧倒的に不利だ。なんでも良いから、眼力の素地となる教養を身に付けないと危ない。

 個人的な意見であるが、大貧民のゲームのカードの特徴をよく知る事と、人間のタイプを知るのは共通性を感じる。これを応用して詐欺師のカードを貧民のカードで打ち破ったことがある。そんなカードゲームにはないのだが。(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
関連記事

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 菜根譚 自らに厳しすぎず、滑らかすぎずに

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。