スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性を遺憾なく発揮する 中庸より

(ところで)身にを具備していることによって、すべての物事の道理を知りぬいていて、
いささかの誤りもなく行うもの、これを(天から人間に命じ与えられている)というのである。

(つまり、人間本来のを本質とし、明察力をその固有の作用として伴っているのである。)
(また、逆に、学問・思弁などによって)明察力を養ってを充実させるもの、これを(道を修める)教というのである。

(だから、人は)を具備していれば、道理に明らかであり、道理に明らかであれば、
が充実するのであって、(人のは、誠の自発と、教学の明と、
両面相まってはたらかせることによって発展するのである)。

(その誠を発展させて)この世に最もすぐれた誠の人(となってこそ、)
その(の誠)を遺憾なく発揮することができるのである。

己のを発揮すれば、それを押し及ぼして、他人にも人としてのを発揮させることができる。
他人にも性を発揮させることができれば、人々とともにすべての物を適正に扱って、
その本来の発展をとげさせることができる。
物の発展をとげさせることができれば、天地の万物を発生成長させる事業を助けることができる。
天地の事業を助けることができれば、(それこそ)天・地と相並んで、
この世における最も完全な人間となることができるのである。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 中庸 人間学

兵法に通達した人 沢庵宗彭 不動智神妙録より

通達の人はという時、ここでは兵法に通じた人、達人を意味しています。
刀を用いて人を殺さずとは、刀を使ってい人を殺しはしないのですけれども、
誰でも、達人の体得している道理を前にしては、自然に身も心もすくんでしまって、
死人のようになってしまうので、人を殺さねばならないことなどないのであります。

刀を用いて人を活かすとは、刀を使って人をあしらいながら、敵の動くままにさせて、
それを眺めるのも、思いのままにできるというのです。

殺すを要さば即ち殺し、活かすを要さば即ち活かす。
殺々三昧、活々三昧也というのは、活かそうとも、殺そうとも、
すべて思い通り、自由自在にできるということです。

是非を見ずして能く是非を見、分別を作さずして能く分別を作すとは、
兵法の上で是か非かを見ないで、よく是非を見る、分別せずに、よく分別するということです。

たとえていえば、ここに一枚の鏡を置いたとします。
すると、その前に置いたものは、どんな物でも、それぞれの形が映り、鏡を見れば、それぞれに見えます。
しかし鏡には心はありませんから、物の形はそれぞれ映しているものの、
別に、これは丸い物だから丸くとか、四角いから四角に映そうと考え分けているわけではないということです。

兵法を使う人も、一心に立ち向かえば、別に、これはいいとか悪いとかを考え分けようなどという気持ちは
起こりもしませんが、迷いがないために、よしあしを見ることもなく、考えることもないのに、よくわかるのです。

水を踏むに地の如く、地を踏む水の如しという意味は、人間というものの本性を明確に知った人でなければわかりますまい。

愚かなものは、水の上を歩いて地の上を歩くようだとすれば、土地の上を歩いていても落ちてしまうでありましょう。
地の上を歩くのに水の上のようなら、水を踏んでも歩いていけると思うかもしれません。
ですから、このことは、地であるとか水であるとか、そんなことをすっかり忘れることのできた人だけが、
初めてこの道理を自分のものにすることができるのです。

若し此の自由を得れば、尽く大地人、他に如何ともせずというのは、このように自由自在に振る舞うことのできる所に到達した兵法者に対しては、総ての人々が集まって、何とかしようとしても、どうしようもあるまいということです。

悉く同侶を絶すとは、世界に並ぶ者はないということで、いわゆる天上天下、唯我独尊ということであります。


不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 不動智神妙録 沢庵宗彭 兵法の達人

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。