スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世俗から離れて立ち、時機を待って動け 菜根譚より

真実の心を持つ人間となるには、世俗の世界から抜け出すことが必要である。
一途に悪い風俗を矯め直そうという身に過ぎた心があってはいけない。

この世の中に従って生きて行くには、時機に順応することが必要である。
ひたすら時勢を追うような焦りの気持ちを起こしてはいけない。


清朝本全訳 菜根譚

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 菜根譚

世間の流れに抗して身を処せ 菜根譚より

自分自身を堅持して世の中を生きて行くには、
ただ環境が、その時々に変化するのに従っているだけではいけない。

必ず、熱い火が金属を溶かすようなときであっても、
清らかな風が静かに吹いているようにし、
厳しい霜が降りて万物を枯らしてしまうようなときにあっても、
気持ちが和らいでいるようにゆったりとし、
空が曇って土嵐が天を覆っているときでも、
仏の知恵が世の中を明るく照らしているようにし、
大きな波が海を逆さまにするように荒れ狂っているときでも、
黄河の真中にそびえる砥柱という山が、
激しい川の流れの中でびくともしないで立っているようにする。
それで初めて、広い世の中に生きていく真実の人物であると言える。


清朝本全訳 菜根譚

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 菜根譚

「危難は安穏の中に潜む」 菜根譚より

大きな禍は、しばしば居心地の良いところに潜んでいる。
智恵や徳のある人は、外見は温和そうに見えても心に含むところのある人に、
注意してなければいけない。

深い怨みは、いつも恩愛の情の中から生じてくる。
物事の道理に通達した人は、小さな利便を貪って、
大きな危険を冒すようなことはしてはいけない。


清朝本全訳 菜根譚

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 菜根譚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。