スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時務 「照心語録」より 安岡正篤

儒生・俗吏はそれなりの仕事はするが、時務を知らない。時代を活かすに如何にすべきやという時務を知り得るのは、確かに俊傑の士である。利害やイデオロギーでない真の道を学んだ士にして初めて、時代に対する決定的な見識が立つ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 安岡正篤 人間学

断じて媚は売らないと標榜する 「ラ・ロシュフコー箴言集」より 二宮フサ訳

断じて媚は売らないと標榜するのも一種の媚である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : ラ・ロシュフコー箴言集 心得 倫理 生き方 人間学

自己愛こそは 「ラ・ロシュフコー箴言集」より 二宮フサ訳

自己愛(アムール プロプル・我、我執、利己心、自負、自惚れ、エゴイズム、エゴチスム、ナルシシスム)こそはあらゆる阿諛追従(あゆついしょう・気に入られようとして、おもねりへつらうこと)の徒の最たるものである。

われわれの自己愛(アムール プロプル)は、われわれが友達から得る満足の度合いに比例して、その友達の長所を増やしたり減らしたりする。そしてわれわれは、友達が自分とどう付き合うかによって友達の偉さを判定するのである。

傲慢は借りを作りたくないと言い、我欲(アムール プロプル)は金を払いたくないと言う。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : ラ・ロシュフコー箴言集 倫理 自己愛 心得

10 教戦-まず核となる人材を養成せよ 「百戦奇略」より 劉基著 永井義男編訳

 戦いを準備するには、まず兵士を訓練することが必須である。全軍の兵士が、日ごろ離合集散(散開、集中、密集、分散)の陣形を練習し、また坐作進退(停止、開始、前進、後退)の命令を完全に理解していれば、敵との戦いに際しても、指揮官の振る旗印に応じて変化し鉦や太鼓の音に応じて進退を繰り返す。このように全軍が一体となった行動ができれば、戦って勝利を得ないことはない。
 兵法に言う、「訓練もしていない人民を戦わせることは、それこそ人民を捨てるのと同じである。負けることは明らかだからだ。」(『論語』<子路>)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

大器は遅く成るの理にて 「吉田松陰名言録」より

万事速やかに成れば堅固ならず、大器は遅く成るの理にて、躁敷(さわがし)き事にては大成も長久も相成らざる事に之あるべく候(後略)。

嘉永元年(一八四八)十月「明倫館御再興に付き気付書」

訳:すべて順調に成長した人物は、意志が強く、他人に簡単に惑わされないかというと、そうでもない。立派な人物というものは、時間をかけてゆっくり成長するのが道理であって、騒々しい状態ではホンモノの立派な人物になることはない。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 吉田松陰 人間学 生き方

続けること、辛抱すること 「人生心得帖」より 松下幸之助

続けること、辛抱すること

成功とは成功するまで続けること。辛抱して根気よく努力を続けているうちに、周囲の情勢も変わって、成功への道がひらけてくる。

 やることなすことが裏目にばかり出る。懸命に努力しているのに、どうしてもうまくいかない。そのような状況に陥って頭を悩ますことが、長い人生にはときにあります。
 そんなときに大事なのは、やはり志を失わず地道な努力を続けること。およそ物事というものは、すぐにうまくいくということはめったにあるものではない。根気よく辛抱強く、地道な努力をたゆまず続けていくことによって、初めてそれなりの成果があがるものだという気がします。

中略

 もっとも、いかに辛抱が大事、続けることが大事といっても、何かにとらわれて、いわゆる頑迷に陥るということではあってはなりません。一つのものにとらわれるあまり、道にはずれた、自然の理に反するような方向への努力を続けていたのでは、どれほど辛抱強く取り組んだとしても、成果はあがらないでしょう。
 しかし、道にかなったことである限りは、ひとたび志を立てた以上、最後の最後まであきらめない。成功とは成功するまで続けることである、ということを、お互い常に心にとどめて、何ごとにも取り組んでいきたいものだと思います。そんなことも、よりよき人生を生きるための、一つの大切な秘訣といえるのではないでしょうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 松下幸之助 心得 人間学 生き方

足るを知る 「本多静六一日一話」より

 貧乏ということは欲しがるものが、所有できないということであるから、たとえ、貧乏していても、足ることを知り、自分の力量を知って、ムリな望みを起こさずに何も欲しがらない人はすでに貧乏でなく、富有な人と同じなのである。
 これに反し、欲の深い人は常に望みが多く、なかなかその望むものが所有できないから、かえって心の内は貧乏であるということができる。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 生き方 心得 商い

近き所 「吉田松陰名言録」より

人各々資質あり。故に古人を学びて其の性の近き所を得べし。
安政二年(一八五五)七月「講孟箚記」

訳:人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとすべきである。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 心得 人間学

「遊び仲間ではなく生涯の友をみつけよ」 「菜根譚」より

人をして面前(めんぜん・目前)の誉れ有らしむるは、其れをして背後の毀(そし)り無からしむるに若(し)かず。
人をして乍交(さくこう・一時の交わり)の歓び有らしむるは、其れをして久処(きゅうしょ・いつまでも)の厭(いと)い無からしむるに若かず。

訳文
人に面と向かって褒められるよりは、蔭で悪口を言われない方がずっと良い。
人との付き合いで、一時的な交わりの楽しさを持つよりは、いつまでも嫌われることのない方がむしろ良い。

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 心得 人間学

私の活力 エスプレッソコーヒー セガフレード・ザネッティ

 アラビカ種とロブスタ種の最高級豆をブレンドした本場イタリアのエスプレッソを家庭で楽しめるなんて。
幸せな世の中になったものです。

セガフレードは4万軒以上のバールに高級エスプレッソ豆を卸し、また自社バール展開も200店を越え、業界NO.1としてイタリアをはじめヨーロッパの国々で最高の評価と信頼を得ています。
ブラジルに世界最大級の自家農園を保有しており、高品質のアラビカ種とロブスタ種の生産、及びその巧みな配合技術によってセガフレードの本格的なエスプレッソは生み出されています。
エスプレッソ イタリアーノは比較的強い味わいで、酸味もありエスプレッソがお好きな方におすすめです。


 らしいです。別段コーヒー通では無いのですが、コーヒー豆を買いに行く店の推薦で試してみたのですが、なかなか愉しませてくれます。朝起きて、パンをオーブンで焼き始め、エスプレッソマシーンをセットする。できあがるまでにひげを剃って、身支度を整えて仕事へ向かう。何気ない日常が幸せだったりします。

セガフレード・ザネッティ

theme : コーヒー
genre : グルメ

「実業と経済」より「商業上の信用とは」~渋沢栄一訓言集~

商業上の信用というものは、どこから起こるかというに、偽らざる根源である。偽らぬと言う根源がなければ、信用の生じようがない。商業者のいわゆる掛け引きというは、取りも直さず嘘である。嘘は資本の一つと言いしもまた嘘である。

渋沢栄一訓言集より

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

続き(解説)を読む...

theme : 歴史上の人物
genre : 学問・文化・芸術

tag : 渋沢栄一 松下幸之助 商い 倫理 心得 信用

「自己鍛錬の妙薬」 安岡正篤氏

 人間はどんなことが起こっても、自由自在に対応出来る適応力を不断に養わなければいけない。
それには絶えず自力を養成しなければならぬ。
薬の力とか、医者の力とか、他物に依存して居っては段々に自力が弱くなります。
自然の体力、生命力が弱くなってしまいます。
どんな代用品も自然の生命力に勝るものはありません。
身体ばかりではない。生理ばかりではない。
精神、心理という意味に於ける性理、命理もすべてそうです。
そんなことから、病弱とか、愚鈍であるとか、貧乏であるとか、多忙であるとかいうことは、逆に自分自身を鍛錬する非常な妙薬、否、妙薬以上のものであります。


安岡正篤一日一言より引用

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。