スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵法に通達した人 沢庵宗彭 不動智神妙録より

通達の人はという時、ここでは兵法に通じた人、達人を意味しています。
刀を用いて人を殺さずとは、刀を使ってい人を殺しはしないのですけれども、
誰でも、達人の体得している道理を前にしては、自然に身も心もすくんでしまって、
死人のようになってしまうので、人を殺さねばならないことなどないのであります。

刀を用いて人を活かすとは、刀を使って人をあしらいながら、敵の動くままにさせて、
それを眺めるのも、思いのままにできるというのです。

殺すを要さば即ち殺し、活かすを要さば即ち活かす。
殺々三昧、活々三昧也というのは、活かそうとも、殺そうとも、
すべて思い通り、自由自在にできるということです。

是非を見ずして能く是非を見、分別を作さずして能く分別を作すとは、
兵法の上で是か非かを見ないで、よく是非を見る、分別せずに、よく分別するということです。

たとえていえば、ここに一枚の鏡を置いたとします。
すると、その前に置いたものは、どんな物でも、それぞれの形が映り、鏡を見れば、それぞれに見えます。
しかし鏡には心はありませんから、物の形はそれぞれ映しているものの、
別に、これは丸い物だから丸くとか、四角いから四角に映そうと考え分けているわけではないということです。

兵法を使う人も、一心に立ち向かえば、別に、これはいいとか悪いとかを考え分けようなどという気持ちは
起こりもしませんが、迷いがないために、よしあしを見ることもなく、考えることもないのに、よくわかるのです。

水を踏むに地の如く、地を踏む水の如しという意味は、人間というものの本性を明確に知った人でなければわかりますまい。

愚かなものは、水の上を歩いて地の上を歩くようだとすれば、土地の上を歩いていても落ちてしまうでありましょう。
地の上を歩くのに水の上のようなら、水を踏んでも歩いていけると思うかもしれません。
ですから、このことは、地であるとか水であるとか、そんなことをすっかり忘れることのできた人だけが、
初めてこの道理を自分のものにすることができるのです。

若し此の自由を得れば、尽く大地人、他に如何ともせずというのは、このように自由自在に振る舞うことのできる所に到達した兵法者に対しては、総ての人々が集まって、何とかしようとしても、どうしようもあるまいということです。

悉く同侶を絶すとは、世界に並ぶ者はないということで、いわゆる天上天下、唯我独尊ということであります。


不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 不動智神妙録 沢庵宗彭 兵法の達人

領内を平和に治めること 沢庵宗彭 不動智神妙録より

あなたは兵法において古来二人とない達人ですから、今は、官位、俸禄等、世間の評判も大変なものです。
この厚遇に対するご恩を寝ても覚めても決して忘れてはなりません。
そして、朝夕この恩に報いるため、忠を尽くすことだけをお考えください。

忠を尽くすということは、先ず自分の心を正しくし、行動を慎み、君に背くようなことは決して思ってはなりません。
また人を怨み咎めてはなりません。
毎日の仕事を真面目につとめ、家庭内では父母に孝行を尽くし、
夫婦の間柄も清浄に、礼儀正しくし、他の女を愛したり、色道に走ったりせぬことです。
さらに、親としては威厳を以て道に従うことです。

また、下の者を使う際には、私情をさしはさんで別けへだてをしたりせず、善人を使いこれを重く用いて、
自分の足りない所を反省し、領地の政治を正し、善からぬ者を遠ざけるようにすることです。
そうすれば、善き人々は日ごとに前進し、善からぬ者も主人が善を好むことによって感化され、
次第に悪を捨てて善にかわっていくものです。

このように、君臣、上下が善人であって、欲も少なく、奢りもないとなれば、
領内は富み、民も豊かになって、うまく治まります。
子が親に心から親しみなつき、下の者が、まるで手足のように上のために働くようになれば、
領内は自然と平和になるでしょう。それこそ忠の初めであります。


不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 沢庵宗彭 不動智神妙録

極まる所は同じ 沢庵宗彭 不動智神妙録より

仏法に限らず、諸々の道は、すべてこういうものです。
特に神道はそうだと見ております。
何でも表面の一皮だけを見るのが一般の人ですが、
浅い知識でこれを馬鹿にして非難するのはなお悪いことです。
何事にも、そのなかには道理が含まれているからです。
この道、あの道と、道筋はさまざまですが、極まる所は同じだということです。

不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 沢庵宗彭 不動智神妙録

「何程も歎き候へ。」 沢庵宗彭 肥後熊本藩主細川忠利に送った書簡より

 何程も歎き候へ。悦びは悦び、悲しみは悲しむこと、仏法の最上にて候。平人と替わりたる事これなき様に候。

   どれだけでも、嘆くが良い。悦ばしいことは悦び、悲しいことは悲しむのが、仏法の最上と言うべきだ。そのように、普通の人間と変わらないのがよい   


日本名言辞典 (1969年)

続き(解説)を読む...

theme : 信仰
genre : 心と身体

tag : 沢庵宗彭 何程も歎き候へ。悦びは悦び 悲しみは悲しむこと 仏法の最上にて候。 人間学 赤心の心

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。