スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中川昭一氏の死去】各所から悼む声が・・・しかし、私たちは生きている

 故人・中川昭一氏は、残念ながら死去されてしまった。
これを、マスコミの過剰な彼への冒涜行為に因る心労の結果とする声が多い。
そして、彼の功績をたたえ、日本を思う日本人を失ったと悲しむ。

 自民党は、既に官僚主導、古く続く時代を引き継ぐ政党として叩かれている。
こうなってしまうと、民主党がどのような失策をしても、もはや政権奪取の為の国民の支持は難しくなる。

 中川氏のことは、人間として悼むべき事であった。

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 報道・マスコミ
genre : 政治・経済

tag : 日本に不足する物 賢人 衆知の政治力向上 専門家と賢人の違い

敗軍の将の身の処し方 衆議院選挙を看て

 敗軍の大将・将軍となったからには、兵の事は語らず。

 国民という相手に、日頃の実績とマニュフェストと選挙活動で挑戦し、結果他の党に政権を譲る。
こういう時こそ、敗戦を受け入れ、自分に力が足りなければ賢人を招いて将来を構想し、
いずれ来るであろう再起の時に向けて準備を始める。(米沢藩や松山藩、幕末の薩摩と長州である。)
もしくは、優秀な人材の育成に励み、志同じくする次世代を育てる。(吉田松陰先生流)

 政治活動は、野党が敵ではない。本気で向き合わなければならないのは、国民である。
選挙前だけ向き合う姿勢はまるで、兵糧の蓄えをせずに籠城策を採らざるを得ない状況に追い込まれた敗者の境遇。
野党という存在は、その主張が与党と違うところにある。政治活動をする点では、同類である。
しかし、その与野党を裁けるのは、国民に他ならない。
どれだけ民政に力を入れ、かつ、10年50年の計画を国民に理解できるように説明する事が、国民の代表となった者の使命である。

続き(解説)を読む...

theme : 衆議院選挙
genre : 政治・経済

tag : 衆議院選挙 敗戦の将 安易な政治批判の愚

若年自殺者 「耐え抜く術は我慢だけではない」

■女子中生2人が飛び降り?屋上にバッグ2つ
(読売新聞 - 08月30日 20:48)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=945765&media_id=20

 このニュースの後に発表される、学校長のコメントなど聞きたくない。

 新学期が始まり、心の重い学生もおられるだろう。

・学校に行くのが怖い、嫌だ、億劫だ。
・夏休み中に親の仕事が無くなってしまった。
・夏休みの宿題が終わっていない。

 正直、二番目三番目は、助けてあげる事は難しい。
二番目は、私自身、不景気に苦労しているし、三番目は私も勉強が苦手だからだ。

 一番目。これを苦に死を選ぶ若者が居る。
もう、どこにも頼れなかったのだろう。

続き(解説)を読む...

theme : 不登校
genre : 学校・教育

tag : 自殺 いじめ 悩み 鬱病 心の病気 不登校

あるグループホームの実情とは・・・増え続ける待機高齢者と施設と職員不足問題

 あるグループホームに勤務される方のブログを拝見して、ショックを受けた。
其れについて、行政関係者では発想しないし、しないであろう事を考えてみた。
長いし、深刻すぎるので、こういうのが苦手な方はパスされた方が良い。疲れます。
でも、向き合っていかないと、現在の段階で苦しんでいる人が多いためあえて掲載します。
引用は、許可を頂いて掲載させて頂いた。

 国の助成金はあるし、税金の面でも優遇されているが、高齢者の方の数が施設の許容範囲を超えており、職員の中には夜勤を空けて、タイムカードを切り、連続20時間働き続ける方も居るそうである。夜勤以外の時間はボランティアで。儲かっている店が、サービス残業をさせているのとは次元が違い、職員がサービスを提供するのは人間であり、より彼らに尽くしたいという純粋な気持ちからの行動である。だからこそ、いいかげんにできないのだ。

 グループホームとして始まった場所が、特別養護老人ホームに入りきれない介護度の高いお年寄りの受け皿になりつつあり、「家」が「施設」化してしまっている。特別養護老人ホームは希望してから、何年も待機してからやっと入れる状況だという。

 後期高齢者医療制度では医療給付費の5割を公費で、4割を現役世代の加入する医療保険で負担し、残りの1割(現役並み所得者は3割)を高齢者の保険料で負担する。現役世代への負担が大きく、保険料が高騰し、これにより破綻してしまう健保組合もあるという。

 現場で働く職員は、本当に困っているのは、サービスを利用する高齢者だという。余剰土地の有効活用として、こういった施設をどんどん整備していかないと、現在でもあふれてしまっている待機高齢者が、さらに多くなってしまう。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

続き(解説)を読む...

theme : 医療・介護・障害制度改正の余波
genre : 福祉・ボランティア

tag : 待機高齢者 施設不足 入所待ち 職員不足 資金不足 向き合うべき目の前にある問題

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。