スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聯合艦隊解散之辞3 起草・秋山真之

以下の文章は現代語訳された一部を抜き出している。
ソースは「Z旗」様より引用させていただいている。
引用について寛大なご対応、Z旗様に感謝申し上げます。


考えるに、このような古今東西のいましめは、政治のあり方にもよるけれども、そもそもは武人が平安な時にあっても、戦いを忘れないで、備えを固くしているか、どうかにかかり、それが自然にこのような結果を生んだのである。

われ等戦後の軍人は、深くこれ等の実例を省察し、これまでの練磨の上に、戦役の体験を加え、さらに将来の進歩を図って、時勢の発展におくれないように努めなければならない。

神は平素ひたすら鍛錬につとめ、戦う前に既に戦勝を約束された者に、勝利の栄冠を授けると共に、一勝に満足し、太平に安閑としている者からは、ただちにその栄冠を取上げてしまうであろう。

昔のことわざにも「勝って兜の緒を締めよ」とある。


続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 聯合艦隊解散之辞 秋山真之 連合艦隊解散の辞 東郷平八郎 日本海海戦 日露戦争

聯合艦隊解散之辞2 起草・秋山真之

以下の文章は現代語訳された一部を抜き出している。
ソースは「Z旗」様より引用させていただいている。
引用について寛大なご対応、Z旗様に感謝申し上げます。


考えるに武人の一生は戦いの連続であって、その責務は平時であれ、戦時であれ、その時々によって軽くなったり、重くなったりするものではない。
事が起これば、戦力を発揮するし、事がないときは、戦力の涵養につとめ、ひたすらその本分を尽くすことにある。

もし武人が太平に安心して、目前の安楽を追うならば、兵備の外見がいかにりっぱであっても、それはあたかも、砂上の楼閣のようなものでしかなく、ひとたび暴風にあえば、たちまち崩壊してしまうであろう。
まことに心すべきことである。


続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 聯合艦隊解散之辞 秋山真之 連合艦隊解散の辞 東郷平八郎 日本海海戦 日露戦争

聯合艦隊解散之辞1 起草・秋山真之

以下の文章は現代語訳された一部を抜き出している。
ソースは「Z旗」様より引用させていただいている。
引用について寛大なご対応、Z旗様に感謝申し上げます。



戦力なるものはただ艦船兵器等有形の物や数によってだけ、定まるのではなく、これを活用する能力すなわち無形の実力にも実在する。百発百中の砲は、一門よく百発一中、いうなれば百発打っても一発しか当らないような砲なら百門と対抗することができるのであって、この理に気づくなら、われわれ軍人は無形の実力の充実、即ち訓練に主点を置かなければならない。


続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 聯合艦隊解散之辞 秋山真之 連合艦隊解散の辞 東郷平八郎 日本海海戦 日露戦争

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。