スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物それぞれに誠を完備させる 中庸より

その次には、個々の物に(誠)をきわめさせて、物それぞれに誠を完備させるのである。
物に誠が備われば、(その物として)外に形を表ます。形を表わせば、(その物としての本質が)充実する。
充実すれば、(その物としての特色を)明らかにする。
(特色を)明らかにすれば、(積極的に他の物に)はたらきかける。
はたらきかければ、どんな物事に対してもその処理を誤らない。
どんな物ごとに対してもその処理を誤らなければ、(他の物)を感化させて誠を備えさせる。

(このようにして、)ただこの世で最もすぐれた至誠の人となったものだけが、(他の物)を感化させて誠を備えさせる。
(また)至誠の行いは、事の起こるに先だって、その事のなりゆきを予め知ることができる。

国家が盛大になろうとする先には必ず福のきざしがあり、国家が衰亡しようとする先には、必ず禍の前ぶれがある。
(またそれらは)卜筮にあらわれたり、(在位者の)行いざまにあらわれたりする。
(そこで、至誠の人は)禍福至る先に、(そのきざし、前ぶればかりでなく、その原因となる)善事も必ず知り、不善の事も必ず知って(戒めるのである)。

されば、至誠(の明智)は神のようである、ということである。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 中庸 至誠

性を遺憾なく発揮する 中庸より

(ところで)身にを具備していることによって、すべての物事の道理を知りぬいていて、
いささかの誤りもなく行うもの、これを(天から人間に命じ与えられている)というのである。

(つまり、人間本来のを本質とし、明察力をその固有の作用として伴っているのである。)
(また、逆に、学問・思弁などによって)明察力を養ってを充実させるもの、これを(道を修める)教というのである。

(だから、人は)を具備していれば、道理に明らかであり、道理に明らかであれば、
が充実するのであって、(人のは、誠の自発と、教学の明と、
両面相まってはたらかせることによって発展するのである)。

(その誠を発展させて)この世に最もすぐれた誠の人(となってこそ、)
その(の誠)を遺憾なく発揮することができるのである。

己のを発揮すれば、それを押し及ぼして、他人にも人としてのを発揮させることができる。
他人にも性を発揮させることができれば、人々とともにすべての物を適正に扱って、
その本来の発展をとげさせることができる。
物の発展をとげさせることができれば、天地の万物を発生成長させる事業を助けることができる。
天地の事業を助けることができれば、(それこそ)天・地と相並んで、
この世における最も完全な人間となることができるのである。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 中庸 人間学

忠恕 中庸より

(そこで、)忠恕が道にいたる大切なこととなる。
忠恕とは、あるものごとを自分の身に経験してみて願わしくなかったなら、
他人に対してもそのものごとを仕向けるな、ということである。
(これは、まことに身近で行いやすいことである。)

(だが、孔子でさえもいっておられる、)「君子の行うべき道は四つある。
だが、わたくし丘は、そのうちの一つさえも行ないえていない。

第一に、わたくしが子に対してかくあってほしいと望むところ、
それをもってわたくし自身が父におつかえすることは、まだ十分にできていない。

第二に、わたくしが臣下に対してかくあってほしいと望むところ、
それをもってわたくし自身が君主におつかえすることは、まだ十分にできていない。

第三に、わたくしが弟に対してかくあってほしいと望むところ、
それをもってわたくし自身が兄につかえることは、まだ十分にできていない。
わたくしが友人に対して望むところ、それをわたくし自身が先に友人に対して行うことは、
まだ十分にできていない」と。

忠恕はたやすい実践の方法ではあるけれども、それを完全に実践することは、
孔子のような聖人でさえも及びがたいとされることであって、たえざる努力を要するのである。)

(されば、人々は、)自分自身に対しても、他人に対しても、常に一定の徳をば行ない、
まことのあることばを謹み守らなければならない。
自分から反省して足りないところがあれば、努力せずにはおかないし、
他人よりも余力があれば、自制して他人をしのがないようにする。
そして、ものごとを言い出そうとすれば、そのことを実行しおおせるか否かをよく考え、
また、ものごとを実行しようとすれば、それが正しい考えに合っているかどうかをおもんぱかって、
言と行との一致ににつとめる。
このようであるから、君子であろうと志すものは、常におそれつつしんで身を修めずにはいられないのである。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 人間学 中庸 忠恕

強 中庸より

(孔子が顔淵の力行を賛嘆されるのを聞いて、平生勇気を自負している)子路は「(それならば、)強いということはどういうことですか」と問いかけた。
孔子はまず、「お前の問うているのは、南方の強のことなのか、北方の強のことなのか、それともまたお前の考えている強のことなのか。

さて、普通の人にはひろい心やりのおだやかな態度で教えみちびくようにし、道にはずれた行いで立ち向かってくるものには、節度を守って報復することはしない。
これが南方の強というものである。
君子はこの強によって行う。

これに対して、戦闘を自分の任務とし、一身の死をも辞さないというのが、北方の強である。
おまえの考えている強者がこれによって行うのである。
(といって、子路の血気を抑え、つぎに)(それだから君子の強によって、)君子は心ひろくおだやかでよく人々と和合するのであって、自分の守りを失って人々の意見に押し流されることがない。
この強さこそまことの強さであるぞ。

(つまり)、中央にすっくと立って傾かないように、(自分から毅然として中庸を守っている)、この強さこそまことの強さであるぞ。
されば、国に道が行われて、(人々が富み栄えている時も、自分の利益や名誉にあこがれて、)平生の深く期する思いをかえるというようなことはしない。
この強さこそまことの強さであるぞ。また国に道が行われず、(貧乏や苦難やに一身がせめさいなまれる時でも、浅はかな心をおこさず、平生の深く期する思いを)死ぬ時まで守りぬいてかえない。この強さこそまことの強さであるぞ」といって、さとされた。

(そして、さらにことばを続けて、)孔子は、「(世上の知者のようにさかしらだって)なみなみの人には知れない道理をさぐり出したり、(世上の賢者のように)人には行いがたい甚だ風変わりなことをしたりするのは、後の世になっても、それをほめそやして、ひきつぐかも知れないが、わたくしはそんなことをしない。

君子というものは常に道を守って行動するのである。
(たとい、力が足らず、)途中でたおれようとも、わたくしは道を守ってやめることができない。
君子というものは常に中庸をよりどころにするのである。
(中庸をよりどころにしながら、)たとい世間から身をかくして、人々に知られないということがあっても、人をとがめず運命をうらまずに、(中庸を全うして)いるのは、ただ聖者だけが行うことができる。
(わたくしもその聖者を学ぼうとしているのである」と、その毅然として不動の志を明らかにされたのである)。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

続き(解説)を読む...

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 中庸 孔子 子路 人間学

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。