スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家を齊ふは其の身を脩むるに在り 大学より

一家のうちを和合させる基本は、(それに先だって)自分自身の行ないを善良に修めることに在るといったのは、
ひとは(一家の人々のうち)、自分が親しみ愛しているものには、偏頗になって(ことさら好意的に取り扱い)、
自分がいやしみうとんじているものには、偏頗になって(ことさら意地悪く取り扱い)、
自分がおそれうやまっているものには、偏頗になって(ことさらへり下った態度をとり)、
自分があわれんでいるものには、偏頗になって(ことさら恵み深く取り扱い)、
自分が気やすく交わっているものには、偏頗になって(ことさら粗略に取り扱うということになるものであって、
一家の和合を破る因を作るからである)。

それというのは、(人は相手が)好きでもその欠点を知り、(逆に)嫌いでもその長所を知る(ように、
他人の善悪を公平に判断することができる)ものは、(広い)天下にも甚だまれであるからである。

されば、ことわざにも次のようにいっている
   人は(私の愛におぼれては)自分の子がみにくいのを見分けられず、
(他人の功をうらやんでは)自分の(田の)苗が大きくなっているのがわからない   と。

(このように人々の間で、自分が公平であることはむずかしい。公平でないと、一家の和合は破れる。)
以上のような次第であるから、自分の身が(善良に)修まらなければ、
その家を和合させることができないというのである。


新釈漢文大系〈2〉大学・中庸

続き(解説)を読む...

スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

tag : 大学

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
荒野の一匹羊の会
心は狼にまではなれないけど 一人雄々しく高野に佇む一匹羊の魂。 決して群れに留まることを良しとせず 己の未来を見据える。 そんなクリエィター魂を持つ人間の異業種交流会。

ブログランキング
関連するブログを検索できるランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
 

最新コメント
縁尋機妙 多逢聖因
此のサイトが誰向けサイトなのか識別不可能なリンク集ですが、みんな私の琴線に触れたサイトです。闇サイトは一切御座いませんので安心してクリックして下さい。(笑)
タグランキング30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。